損害保険会社

刑法上、人身に損害、損傷を与えて逃げ出すのと、例えば、ガードレールや縁石をこすって損害を与えて逃げ出したというのでは、同じ逃げたにしろ、量刑が異なっても、罪状が異なっても違和感はない。
しかし、今日、なんとも言えない事故の話を聞いた。環状七号線、練馬区、板橋区のあたりで、トラックが街路樹に激突。それだけならまだ良かったのだが、倒れた街路樹で、怪我人が出た。そして件のトラックはそのまま逃走したというのだ。
当たったのは、街路樹だから物損だが結果として人に怪我をさせている。人身扱いになるのだが妥当なんだろうなぁ。

 

しかしなにより加害者のトラックが逃げたことに溜息が出る。逃げ切れるもんじゃない。
街路樹に車の塗料も残っているだろう。タイヤ痕もあるだろう。
日中のことだ。目撃者だってある。
残念なことに事故を起こしてしまったわけだが、やむを得ない過失の場合だってあるだろう。
しかし怪我人の救護もしないで逃げ出したのはダメだろ。
事故を起こしたにしても、精いっぱいの救護をするなり、救急車を呼ぶなりしないと。
もう言い訳のしようがない。

 

本人に重大な過失がある場合、自動車保険は免責されることがある。
たとえば、麻薬、覚醒剤とか飲酒とか。

 

事故を起こすまでは免責とならない過失だったとして、逃げたことで処置が遅れて重篤さが増した場合、
そこは免責になってしまうのだろうか。

 

まあ任意保険に自分で入っているような人は、ある程度、最低限の責任感はあるんじゃないかと思う。
ひき逃げをすることは少ないんだろうな。
トラックだと会社が入っている保険だから、タチの悪い運転手の事故もカバーする内容になっているのかなぁ。

 

いずれにしろ、ちゃんと補償されないと、怪我をした人が気の毒すぎる。


自動車保険の免責とひき逃げ関連ページ

損害保険トータルプランナーの資格認定
損保協会が損害保険トータルプランナーの資格認定を行っている。損害保険に関わる資格とか認定を、国内損保各社を横断してやれる組織といえば損保協会くらいしかないのだから、
親の介護による休業補償特約(三井住友海上 あいおいニッセイ同和損保)
三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保は従来から企業向けの団体総合生活補償保険を販売しています。これに特約として、親の介護によって休業する時の給与を補償する特約が付帯でき
損保代理店の数 2016年末
損保協会が2016年末の代理店の数について発表した。国内保険会社28社、外国保険会社12社の合計データから。
第14回「小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」(損保協会 2017/9)
小学生のぼうさい探検隊マップコンクールの後援には、文部科学省、内閣府、消防庁、UNESCO、気象庁と、ズラリと防災、災害に関係しそうな省庁が並んでいるのだが
トランクルームと保険
保険に慣れてくる(?)と、トランクルームに預けた品物に何かあれば、補償してもらえそうな気がしてしまいますが、現実はそうではないケースが多い
自動車保険の体験いろいろ
保険マップによせられた自動車保険の体験談、、口コミ情報を、各種掲載中。
医療保険の体験談いろいろ
保険マップに寄せられた医療保険の体験談、口コミ情報を掲載中。
入院保険の体験談いろいろ
保険マップに寄せられた入院保険の体験談、口コミ情報を掲載中。
がん保険の体験談いろいろ
保険マップに寄せられたがん保険の体験談、口コミ情報を掲載中。
地震保険
保険マップ管理人による地震保険のいろいろな話題
旅行保険
保険マップ管理人による旅行保険に関する業界の話題への私見。