保険の解説・評判

このコーナーに掲載されている記事は、保険マニアを自称する保険マップ管理人による保険会社、保険商品ごとの解説です。
ただし管理人は、この保険会社や保険代理店や商品が、ヨイ、悪いと断じることまではしません。それこそ刑事事件になって裁判で有罪になったり、金融庁から指導なり処分がない限り、「この商品はだめ!」「ひどい会社!」「詐欺代理店」なんてことは書きません。
このコーナーで管理人が目指したいのは、以下のような目的の記事です。

 

それぞれの保険商品が、いいのか悪いのかは、人によって異なります。
読んだ人が、自分にとってよい、必要、逆に、自分にとって不要、あわないといった判断をしてもらうために、埋もれがちなポイントを明らかにしていくことを目的にしています。
それぞれの保険会社さんの公式サイトには、当然、自分の保険商品の説明を掲載しています。
昔は「詳しいことは資料請求してね」で、記述が全然足りないと思ったこともありますが、最近はけっこうちゃんと書いています。
しかし、書いてあってもやはりそれは保険会社の目線、保険に日常的に関わっている人の目線です。さらに、言葉、単語のチョイスも、いわば保険のプロの匂いが残っています。公式サイトの情報は網羅的であり、正確ですから、当然チェックしておくべきですが、それだけではわかりにくこともあります。
漢字やカタカナ、アルファベットの羅列が続くと、何となくわかったような気がしてしまうこともあるのですが、見過ごしてしまいそうなポイントが埋もれていることがあります。

 

管理人は、保険マップを運用し、保険を利用した体験談を募集してみた結果、数千の体験談を読むことになりました。
自社、自社の保険商品に限った意見や感想ならば、数万件読んでいるという保険会社にお勤めのプロの方もいらっしゃると思います、
また、寄せられた顧客の声を共有化したり、商品開発、設計に役立てるための仕掛けを構築している保険会社さんは、今ではたくさんあるでしょうから、昔よりは顧客の声に触れることも増えてはいるのでしょう。
ですが、管理人の場合は、保険会社を限定せず、結果的に横断的に拝見することになっています。
大手の乗り合い代理店さんの中には、管理人以上に、多くの保険会社への意見や体験をご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなに多くの方がいらっしゃるわけでもないでしょう。このサイトの存在価値はそのへんにあると思ってます。

 

保険に入ってよかったという話ばかりではなく、情に流された、ツキアイで失敗した、インチキ、騙された、使い物にならない、損をしたなど、ネガティブな体験談も相当な数があります。老いた母が若いころからの付き合いで保険に加入し、今は娘に生命保険をかけ、受取人を自分にする契約を、よく理解しないままにしているという、コンプラ的にギリ、いやむしろブラックという話も届きます。法律的には問題ではないでしょう、でも保険というものが社会に対して負っている使命を無視しているでしょう。そんな契約は本人達にとって必要なのか、極めて疑問です。
管理人は、本人の許諾があれば、保険会社のコンプラ部門に「ひどい代理店がある」と通報したいくらいです。

 

もし事実なら、代理店の担当営業の人間性に問題があると思えるような話もあります。単純に電話受付の人に問題があったと思える話もあります。法律的にもかなりグレーだと思えるひどい話もありました。
が、多くの場合(管理人は保険会社や代理店を擁護するつもりはないのですが)、理解すべきことを理解しないまま契約していたのだろうと思えるケースが圧倒的です。そもそも理解しようとさえしないで契約しているような話さえあります。もっともそこに付け込んで契約をふやすことだけに夢中な募集人も昔は多かったとは思います。
ここでの商品の説明、解説では、そういった誤解や、見過ごし、思い違いなどがあった部分、ありそうな部分を特に取り上げます。
これは注意して考えましょう、この特約は本当に必要でしょうか、その保障はなくてもいいのでしょうかという問題を提起していきます。

 

もうひとつこのコーナーを作っている理由があります。
管理人は、保険という商品の動向がけっこう面白いと思っています。最初からではなく気がついたらそうなってました。
自分の仕事(本業)は、ITとくにデーターベースが専門で、保険業界の会社さんの仕事をしたこともありますが、保険業界の知識は必須とまではいきません。まあ関係ないと言ってもいいでしょう。
面白いのは、保険の新商品というのは、社会的なニーズ、世の中的に多くの人にとって看破できないリスクを意識して設計されているという点です。
最初からそんなことが面白かったわけじゃありません。サイトを作り運用を始めてから、なんとなくではありますが、各社さんのいろんな保険商品の説明をけっこうな数を読みました。乗合代理店の保険のFPさんほど真剣によんでないとは思いますので、「なんとなく」と言ってますが、代理店で扱っている・扱ってないに関わらず読んでますので網羅性は高い気がします。
で、新商品の説明を読んでいるうちに気がついたのです。これはもう、社会のニーズ、新たに生じたリスクが、商品設計に色濃く反映されているんだなぁ・・・と。もちろん、社会のニーズをとらえるなんてことは保険商品、保険業界だけのことではありません。どこの業界の商品開発でもやっているでしょう。業界よっては、ニーズのないことでも、ブームを仕掛けて、ニーズを無理やり生み出すなんてことをやっているというケースもあるでしょう。
保険業界、保険商品の設計の場合は、ストレートというか素直に世の動きを捉えて商品化していると思います。それがけっこうわかりやすくて、気がついていなかった世の流れや動きに感心させられたりします。また新商品の中には、ニーズから生まれたというより、世の中の人の多くが、まだ気がついていないリスクを取り上げて販売に繋げていることもありますが、それはそれでなるほどなぁと思ったりしています。
そういった動きや活動を興味深く見ており、このサイト、このコーナーはそのまとめ的な意味もあるのです。

 

保険は、累積すると、人生の中でもかなり大きな出費となります。住宅ローンの次くらいに大きいという話もあります。
さらに保険を考える、検討することは、どうしても将来の自分、人生のいく末、場合によっては、最後を考えることにもつながります。何を大事にしたいのかを、どうしても考えることになります。
もしかしたら、考えた結果、「わが人生にはいかなる保険も保障も補償も保証も必要ない!」という結論で、生涯、保険に入らないという決心をすることになるのかもしれません。
管理人は保険の勧誘を仕事としておりませんから、その判断が、その人が十分に考えた末での結論で選択であれば、それはありだと思います。何が正解かなんて、誰にもわからない話ですからね。
どのような選択をするのかは、個々人の判断で責任なのは当然ですが、管理人は、このサイトを通じて、その判断のネタ、要素、エレメントなどを提供したいと願っています。