保険まっぷ

損害保険代理店の役割って??

最終更新:

損害保険代理店とは??

「損害保険代理店」ってみなさんはご存じでしょうか??知っている方は多いと思います。みなさんは、よく「保険屋さん」などと呼んでいらっしゃる方など多いのではないでしょうか??良く多いのが、生命保険や自動車保険など加入する際、皆さんは、町に存在している保険屋さんを利用する方が多いはずです。ではその「保険屋さん」となんなんでしょうか??みなさんが言う「保険屋さん」とは実はいろいろあります。例えば、自動車保険や火災保険を扱っている保険屋さんは、正式には「損害保険代理店」と呼びます。生命保険を扱っている保険屋さんは、生命保険代理店」というわけです。では「損害保険代理店」とはなんなんでしょうか??自動車などで加入する損害保険、実は保険会社と皆さんが契約するのですが、手続きは、「損害保険代理店」を通じて行うことが多くなっております。(ただし最近では、電話やインターネット、保険会社の社員また窓口等で保険会社と直接手続きする場合も増えてきています。)「損害保険代理店」(以下代理店と呼びます。)には、保険会社との委託契約により保険会社の代理人として次のような業務に対し、権限が与えられています。1.保険契約の締結。2.保険契約の変更・解除等の申し出の受付。3.保険料の領収および返還。4保険料領収証の発行および交付。5.保険契約者、被保険者または保険の目的等の調査。6.保険契約の維持・管理に関連する事項。7.その他保険募集に必要な事項で、保険会社は特に指示をした業務。これらの業務を保険会社から委託されています。また、「代理店」は、このほかにもお客様一人ひとりのニーズに対応し、そのお客様の財産の保全や事故の防止、防災や保険全般に関わるご相談、万が一事故が生じた際の解決のお手伝いなど、幅広く活動しています。皆さんが本懐保険に加入しやすいように、各保険会社は、専業(保険業務のみを営む)の代理店以外にも幅広い分野の業界に代理店を委託しています。例えば、自動車の購入の際、同時に自動車保険を加入できるように自動車販売店に委託していたり、住宅購入の際には、同時に火災保険に加入できるように、不動産会社や住宅販売会社はたまた銀行にも委託しています。代理店には、1社の保険商品のみを販売している専属代理店と、複数の保険会社の商品を販売している乗合代理店など、多種多様な形態で代理店が存在しています。

どんな人が損害保険代理店になっているの??

では、誰でも「代理店」になれるのでしょうか??実は保険業法という法律があり、その法律にのっとり、次の様な事が定められています。1.代理店は内閣総理大臣の登録を受けることが義務付けられています。2.代理店に所属して保険募集を行う人は、内閣総理大臣への届け出が義務付けられています。代理店になるためには、保険会社と代理店委託契約を結んだ上で、財務局(代理店の所在地を管轄する)に登録を行い、初めて代理店として保険販売をすることが出来ることになります。また代理店に所属して保険販売を行う人も同じように財務局に登録・届け出を行います。代理店になるためには、各保険会社と代理店委託契約を結んだ上で、代理店の登録や保険募集に携わる募集人(以下募集人と言います。)の届け出に先立ち、損保協会が実施する「損害保険募集人試験」の合格などによる事前教育を義務付けています。代理店、代理店に所属する募集人は、保険販売に関し、ある一定の基準を満たした相応しい知識や能力を備えていると言えるでしょう。そして代理店には、保険だけを生業としている保険のプロとして活動している代理店(専業代理店)もあれば、ディーラー、不動産業者、旅行代理店など、その他の業務もあわせて営んでいる副業代理店と云う事もあります。また、保険会社1社のみを委託契約をしている「専属代理店」や複数の保険会社と委託契約をしている「乗合代理店」などもあります。代理店の登録は「個人」・「法人」のいずれも可能です。したがって個人で独立して営んでいる代理店や会社組織として代理店を営んでいることもあります。

損保代理店の存在意義と今後

損害保険代理店は、先ほども申しましたが、保険会社から保険商品の販売並び締結を委託され、保険募集を行っております。代理店は全国に30万点以上存在しており、皆様もご近所にも沢山あることでしょう。現在、保険会社の合併・統合に伴い、代理店を組織化する傾向が強くなりつつあることや保険会社から代理店に支払われる手数料も自由化の煽りを受け、代理店も淘汰・統合が大分進んでいます。また、ダイレクト通信販売がさらに隆盛することや自動車販売業者であるディーラーも幾分、保険部門に力を入れ始めている昨今、今後はもっと代理店の数は減っていく傾向にあります。それでも尚、代理店が存続出来るには理由があります。保険代理店の最大の特徴は、地域密着型のサービスを展開できる点です。保険はとても難しいことだらけです。保険の内容や事故で困ったときに、すぐに相談でき、またより細かなサポートを受けられることは、現在、多種多様に存在する保険を考えると、とても心強い事です。たま法人化され、比較的に大きな代理店であれば、生命保険から自動車保険、火災保険、また賠償責任保険などの損保保険まで幅広く保険商品を扱っているところもありますので、各ご家庭で加入されている保険を一元管理が出来るというメリットもあります。一元管理のメリットを例えていえば、自動車事故が発生し、ケガをしたとします。入院した場合、自動車保険・傷害保険・医療保険など色々な保険が絡んできます。それらの保険にたくさん加入皆様が万が一事故にあったとします。その際、「どうすればよいのか??」不安になる事があるかと思います。しかし代理店に任せていれば、事故への色々な相談やアドバイスを貰うことや、時には、代理店に事故現場へ駆けつけてもらう事もあります。事故後の保険金請求などの手続きなどがスムーズに進めることが出来、とても楽になると同時に安心も得られるかと思います。保険というものは毎月、保険料は安いのですが、人生の中で支払う保険料総額を考えると、実は「家を買うつぎに、高い買い物」と言われています。そんな高価な買い物をするのに、代理店の見定めは必ず必要になります。まさに重要視されるのが皆さんとの信頼関係を構築できるかが一番大切になります。知識も豊富で優秀な、しかも面倒見が良い代理店もしくは募集人は今後、必ず残る代理店像になるかと思います。保険の更新時のキメ細やかな対応、事故の親身な対応は皆様に安心をお届けする手助けになるはずです。

損保代理店の存在意義と今後

損害保険代理店は、先ほども申しましたが、保険会社から保険商品の販売並び締結を委託され、保険募集を行っております。代理店は全国に30万点以上存在しており、皆様もご近所にも沢山あることでしょう。現在、保険会社の合併・統合に伴い、代理店を組織化する傾向が強くなりつつあることや保険会社から代理店に支払われる手数料も自由化の煽りを受け、代理店も淘汰・統合が大分進んでいます。また、ダイレクト通信販売がさらに隆盛することや自動車販売業者であるディーラーも幾分、保険部門に力を入れ始めている昨今、今後はもっと代理店の数は減っていく傾向にあります。それでも尚、代理店が存続出来るには理由があります。保険代理店の最大の特徴は、地域密着型のサービスを展開できる点です。保険はとても難しいことだらけです。保険の内容や事故で困ったときに、すぐに相談でき、またより細かなサポートを受けられることは、現在、多種多様に存在する保険を考えると、とても心強い事です。たま法人化され、比較的に大きな代理店であれば、生命保険から自動車保険、火災保険、また賠償責任保険などの損保保険まで幅広く保険商品を扱っているところもありますので、各ご家庭で加入されている保険を一元管理が出来るというメリットもあります。一元管理のメリットを例えていえば、自動車事故が発生し、ケガをしたとします。入院した場合、自動車保険・傷害保険・医療保険など色々な保険が絡んできます。それらの保険にたくさん加入皆様が万が一事故にあったとします。その際、「どうすればよいのか??」不安になる事があるかと思います。しかし代理店に任せていれば、事故への色々な相談やアドバイスを貰うことや、時には、代理店に事故現場へ駆けつけてもらう事もあります。事故後の保険金請求などの手続きなどがスムーズに進めることが出来、とても楽になると同時に安心も得られるかと思います。保険というものは毎月、保険料は安いのですが、人生の中で支払う保険料総額を考えると、実は「家を買うつぎに、高い買い物」と言われています。そんな高価な買い物をするのに、代理店の見定めは必ず必要になります。まさに重要視されるのが皆さんとの信頼関係を構築できるかが一番大切になります。知識も豊富で優秀な、しかも面倒見が良い代理店もしくは募集人は今後、必ず残る代理店像になるかと思います。保険の更新時のキメ細やかな対応、事故の親身な対応は皆様に安心をお届けする手助けになるはずです。

まとめ

損害保険代理店の役割は、保険会社に代わって損害保険の契約募集を行う事が基本になります。しかしながらそれだけで役目が終わりではありません。昨今、保険に対する社会的ニーズは多様化しています。そのため、代理店の役割はますます重要なもととなってきております。代理店は、消費者であるみなさんと保険会社を繋ぐ「パイプ役」であり、損害保険の幅広い普及を通じてお客様の家庭や会社等をさまざまな危険・災害からお守りし、経済生活の安定を図るという重要な社会的役割をになっています。保険を適切に選び、組み合わせて、安心と安全をお届けすることが昨今の代理店に求められています。また万が一に災害や事故が発生した場合には、迅速かつ円満な解決を援助することなど広範なコンサルティング活動をすることが必要とされています。