朝日生命保険相互会社

朝日生命のITシステムは、長年IBMとのタッグで構築を勧めて来ています。最近では、IBMのワトソンを使った保険給付の支払い業務のさらなる迅速化と業務効率化を目指すAIシステムも動き出して話題になっています。朝日生命は保険王とかの保険商品よりも、このテの話題のほうが多いのは、管理人の気のせいでしょうかね・・。
その一方、二〇一二年には、顧客に関する各種データを統合したCRMシステムACTIONを稼働させました。これによってデータ活用のための基盤整備がなされ、その延長、流れて出てきたのが、二〇一八年にIBM SPSS modeeler によるビッグデータの活用による営業活動の効率化と成約率の向上を目指すシステムの稼働開始です。IBM SPSS modeeler は、一言でいえばデータ分析のための統計解析ソフトです。大量のビッグデータから予測モデルを構築して、企業(あるいは個人)の意思決定を支援します。今回の朝日生命のシステムでは、加入意向の強い顧客、あるいは見込み顧客を抽出、提案します。
これって、朝日生命さん自身のためにはなるであろうとは、すぎにわかりますが、顧客、契約者のためになるのかと、疑問に思う向きもあろうかと思います。結局、見込みの高い人に営業担当のリソースを集中するわけですから、その分、満足度が高くなる可能性はあがるでしょう。まったく必要のない商品を、ツキアイで延々と聞かされるとか、けっこう苦痛ですからね。このシステムによって、魔法のように営業や担当者が「いい人」になることはないでしょうが、余計な話に巻き込まれ、朝日生命を嫌いになってしまう確率は下がるでしょう。


IBM SPSS modeelerで成約率を向上 (朝日生命 2018)関連ページ

要介護保険から要支援保険へ(2018/10/12 朝日生命)
業界初、要支援2から保障する介護保険の発売を開始しました。要支援2の段階から保障を受けることで経済的な裏付けがあれば、重症化を防ぐための予防策にも、前向きに
IBMのワトソンと給付金の支払(朝日生命)
IBMのワトソンを朝日生命が保険給付の支払い業務のさらなる迅速化と業務効率化にむけて採用し、システムを稼働させたというニュースが入ってき
安全衛生優良企業に朝日生命が認定 2017/1/16
朝日生命が安全衛生優良企業として認定されました。(2017/1/16)安全衛生優良企業公表制度がはじまって、生命保険会社としては初めての認定企業で
認知症サポーター養成率 97.6% 朝日生命 2017/2/4
認知症サポーターですが、朝日生命の認知症サポーターの講座受講者は、2万2千人。実に97.6%という数字 2017/2/4 認知症サポーターキャラバン H28年度表彰報告会で、企業部門で朝日生命が
収入サポート保険 +メンタル疾患特約(朝日生命)
けなくなった時の保障として、収入サポート 収入保障という名称を冠して、各社さん(生保も損保も)から、多くの商品が出てきています。同じ収入サポート 収入保障
医療保険 スマイルメディカル
朝日生命 医療保険スマイルメディカルの詳細解説。あわせて実際にその保険を契約した経験者の体験談(口コミ情報)を逐次掲載。
保険王plus
保険マップ管理人による朝日生命保険相互会社 保険王plusの詳細解説。あわせて実際にその保険を契約した経験者の体験談(口コミ情報)を逐次掲載。