朝日生命保険相互会社

認知症の問題は、社会全体の問題です。
介護保険や、老後の生活設計のための個人年金なども扱うことから、生命保険会社の多くが、認知症防止や本人とその家族へのサポートなど、様々な取り組みを行ってきています。

 

そういう保険会社の企業としての社会的責任を果たそうとする動きを、きれいごとという批判をする人がいるのも承知してます。
でもね、管理人はやらない善より、やる偽善を支持するほうですw とりあえず綺麗ごとと揶揄されても、やったほうがやらないよりいいに決まっています。

 

朝日生命が安全優良企業に認定されたことを以前書きました。今回取り上げるのは、認知症サポーターです。
厚生労働省が推進している認知症サポーターキャラバンというのがあります。認知症サポーターをとにかく増やそうという取り組みです。新オレンジプラン 認知症施策推進総合戦略でも推進されています。
講習を受ければ、認知症サポーターと認定されますが、

  • 認知症を正しく理解、
  • 本人と家族を温かく見守る応援者、
  • 友人や家族に正しい知識を伝える
  • 本人や家族の気持ちを理解するように努める
  • できる範囲で手助けをする

といった働きが期待されています。

 

さて、そんな認知症サポーターですが、朝日生命の認知症サポーターの講座受講者は、2万2千人。実に97.6%という数字です。
2017/2/4 認知症サポーターキャラバン H28年度表彰報告会で、企業部門で朝日生命が表彰されたといいます。
これは、なんというか、もうこの数字は立派な数字と言っていいと思ってます。

 

朝日生命は、安全優良企業への取り組みといい、今回の認知症サポーターといい、綺麗ごとと揶揄されても、やったほうがやらないよりいいに決まってます。こういう積み重ねって、企業イメージにつながるんですよね。それを打算といえばそのとおりでしょうけど、社会と企業のWINWINとも言えますからね。

 

不祥事ばかりが大きく取り上げられることが多いご時世ですが、こういう前向きな話は、もっと書かれてもいいと思うんですよね。


認知症サポーター養成率 97.6% 朝日生命 2017/2/4関連ページ

要介護保険から要支援保険へ(2018/10/12 朝日生命)
業界初、要支援2から保障する介護保険の発売を開始しました。要支援2の段階から保障を受けることで経済的な裏付けがあれば、重症化を防ぐための予防策にも、前向きに
IBMのワトソンと給付金の支払(朝日生命)
IBMのワトソンを朝日生命が保険給付の支払い業務のさらなる迅速化と業務効率化にむけて採用し、システムを稼働させたというニュースが入ってき
IBM SPSS modeelerで成約率を向上 (朝日生命 2018)
顧客に関する各種データを統合したCRMシステムACTIONを稼働させました。これによってデータ活用のための基盤整備がなされ、その延長、流れて出てきたのが、二〇一八年にIBM SPSS modeeler
安全衛生優良企業に朝日生命が認定 2017/1/16
朝日生命が安全衛生優良企業として認定されました。(2017/1/16)安全衛生優良企業公表制度がはじまって、生命保険会社としては初めての認定企業で
収入サポート保険 +メンタル疾患特約(朝日生命)
けなくなった時の保障として、収入サポート 収入保障という名称を冠して、各社さん(生保も損保も)から、多くの商品が出てきています。同じ収入サポート 収入保障
医療保険 スマイルメディカル
朝日生命 医療保険スマイルメディカルの詳細解説。あわせて実際にその保険を契約した経験者の体験談(口コミ情報)を逐次掲載。
保険王plus
保険マップ管理人による朝日生命保険相互会社 保険王plusの詳細解説。あわせて実際にその保険を契約した経験者の体験談(口コミ情報)を逐次掲載。