朝日生命保険相互会社

朝日生命保険相互会社の創業

朝日生命保険相互会社の創業は、1888年、帝国生命保険株式会社として設立されています。その後、東洋生命を合併、前川生命を合併としていますが、この時には社名が変わっていないことから、合併というより吸収と理解するべきかもしれません。
その帝国生命保険株式会社が、朝日生命保険相互会社になったのは1947年のことです。
終戦の2年後ですから、帝国生命という名称を変えたくなるようなご時勢だったかもしれません。しかし名称の変更だけではなく、組織の枠組みが、株式会社から相互会社に変わってしまっているのです。株式会社と相互会社の違いについては、ここでは省略しますが、コンプライアンスや企業統治の面からは相互会社はいろいろな課題があることが叫ばれる半面、株主の利益を優先せねばならない株式会社と異なり、加入契約者の利益を目的とできる良さもあります。
朝日生命保険相互会社は1947年に誕生していますが、1902年まで、朝日生命というのが存在しました。この朝日生命は、護国生命、北海生命と合併し、大同生命保険株式会社を設立しています。1902年まで存在した朝日生命は、朝日生命保険相互会社とは全くの無関係です。

 

朝日生命保険相互会社とミレア保険グループ

古くから、2000年ごろから保険業界に関わっている人ならば、ミレア保険グループと朝日生命保険相互会社の3-4年続いた混乱した動きを記憶しているかもしれません。それはもう迷走といってもいいでしょう。渦中の方々は大変な想いをされただろうと想像はしますが、外から見ていると、いったいどうなっているんだ?大丈夫か?という心配にしかなりません。
2000年に、東京海上、日動火災と経営統合を目指すと発表後、ミレア保険グループの結成までは順調だったのですが、不況と株安による経営悪化から、その後、この計画は二転三転、七転八倒します。
結局、2003年に、すべてが白紙撤回となりました。
ミレア生命保険株式会社は、幻の保険会社ということになりますね。

 

朝日生命保険相互会社の商品

個人向けの商品

朝日生命保険相互会社の個人向けの主力商品は、

  • 保険王plus
  • やさしさplus

があります。2つの愛称がありますが、商品設計の発想はよく似ていて、死亡保障、介護保障、所得保障、医療保障、積立保険の各ユニットから必要なものを組み合わせるという考え方になっています。
他社の総合的な保障としては、スミセイ(住友生命)Wステージ 未来デザイン1UPなどもありますので、総合保障的な保険商品を検討しているなら、比較してみてもいいかもしれません。

 

この2つの主力商品で、カバーしていない保障をする商品として朝日生命保険相互会社が用意しているのは、

  • 認知症保険 あんしん介護 介護、認知症にそなえるための保障
  • かなえるplus 健康上の理由で生命保険の契約ができなかった人が対象。
  • 母と子を守る保険 ハハの幸せ コの幸せ 子育て中の母子をターゲットにした保障
  • 保険王plus スマイルキッズ いわゆる学資保険の代替にも

 

その他扱いはやや小さいものの

  • 普通定期保険、
  • こども保険 えくぼ/ゆ・め

 

金融機関窓口や、代理店、通販では、

  • あんしん介護、年金、一時金
  • スマイルメディカル ネクスト
  • スマイルメディカル ワイド
  • スマイルメディカル セブン
  • スマイルメディカル レディ
  • 明日へのそなえ(新規募集なし)
  • ネンキンのそなえ(新規募集なし)

 

今後の動きが気になる新商品が、2017/4/3に発売が開始されています
収入サポート 5年ごと利差配当付 収入サポート保険
そして、これに付与できる特徴的な特約が、メンタル疾患特約です。

 

 

法人向けの商品

このサイトの訪問者としては、どちらかといえば個人を想定していますので、基本的に法人向けの商品についての扱いは冷たくなります。
管理人が、個人的に興味を強く持った商品、例えば三井住友海上火災保険株式会社が衛星観測データを活用したサービスを販売したなんて話には、食いつきます。

 

経営者向けとしては

  • 経営者プラン
  • プレステージ
  • プレステージ2
  • プライムステージ
  • あんしん介護(経営者プラン)

 

従業員の福利厚生とてしは、

  • 朝日の新グループ保険 無回答総合福祉団体定期保険、
  • 事業保険総合福祉プラン
  • 家族特約付き無配当団体医療保険シンプルメディカル

 

さらに、個人向けの商品であっても、法人を契約者にすることもできるといいます。
この辺りは、柔軟な対応が期待できそうですね。

 

 

 

 


朝日生命保険相互会社記事一覧

朝日生命に対して管理人は、介護や認知症の分野へ、早くから真摯に取り組んでいる会社であるというイメージを持ってます。2012年に商品化された「あんしん介護」は、介護の保障を中心に据えてスタートし、2016年には認知症保険を発売しています、これらあんしん介護のシリーズを通じて、前述のように介護といえば朝日だね・・・を目指していると思っています。ポジティブな捉え方をすれば、保険という特殊な商品をあつかう...

IBMのワトソン。IBM Watson Explorerと表記するほうが正確なのかもしれませんが、この記事では、IBMのワトソンで、統一しておこうと思います。保険業界での、IBMのワトソンの知名度がどの程度なのか、残念ながら管理人には判断がつきかねていますが、ITの業界では、実用化に向かっているAIのエンジンのひとつとして、著名な製品だと思っています。まあ、実際にIBMのワトソンを使って、システム...

朝日生命のITシステムは、長年IBMとのタッグで構築を勧めて来ています。最近では、IBMのワトソンを使った保険給付の支払い業務のさらなる迅速化と業務効率化を目指すAIシステムも動き出して話題になっています。朝日生命は保険王とかの保険商品よりも、このテの話題のほうが多いのは、管理人の気のせいでしょうかね・・。その一方、二〇一二年には、顧客に関する各種データを統合したCRMシステムACTIONを稼働さ...

安全衛生優良企業というのをご存知でしょうか?労務問題、労働問題は大事だと認識している立場の方でも知らないかもしれません。厚生労働省の「安全衛生優良企業公表制度」は、平成27年(2015年)6月から開始されていますから、今現在、労務問題、労働問題にに最前線で関わっている方なら知っているかもしれませんが、まだ知名度は低いでしょう。安全衛生優良企業公表制度は、労働者の安全や健康を確保するための対策に積極...

認知症の問題は、社会全体の問題です。介護保険や、老後の生活設計のための個人年金なども扱うことから、生命保険会社の多くが、認知症防止や本人とその家族へのサポートなど、様々な取り組みを行ってきています。そういう保険会社の企業としての社会的責任を果たそうとする動きを、きれいごとという批判をする人がいるのも承知してます。でもね、管理人はやらない善より、やる偽善を支持するほうですw とりあえず綺麗ごとと揶揄...

朝日生命は、安全衛生優良企業として生命保険業界で初めて認定されるなど、ちょっとした特徴をもっていて、管理人は、わりと好意的に見ている保険会社のひとつです。労務問題、労働問題には、労働時間、過労も大きな要素ですが、精神的なメンタルの面も重要な問題といえるでしょう。安全衛生優良企業だからというわけでもないでしょうが、2017/4/3から発売された収入サポート保険に付帯できるメンタル疾患特約は、なるほど...

スマイルメディカル は、シリーズで商品展開されている医療保険です。・スマイルメディカル ネクスト・スマイルメディカル ワイド・スマイルメディカル セブン・スマイルメディカル レディなどがあります。日帰り入院でも、一時金が出たりとなかなか考えられています。主に金融機関や代理店などで販売されています、しっかり相談したほうがいいでしょう。特に、特約の部分は、なにが保障されるかされないか、納得するまで聞き...