保険まっぷ

東京海上日動火災の自動車保険

最終更新:

東京海上日動火災の総合自動車保険トータルアシスト

個人で、所有する自動車に、東京海上日動火災の保険商品を考えているなら、トータルアシストを選ぶことが大半だろう。東京海上日動火災のトータルアシストは、3つの基本補償と3つの基本特約がある。東京海上日動火災の3つの基本保障だが、賠償、自身、車両のことになっている。

賠償 対人 対物

東京海上日動火災のトータルアシストの賠償は対人、対物など、事故の相手に賠償責任がある場合の補償だ。死亡や怪我をさせてしまった、車やその他の物を壊してしまった時に使われる。
事故は起こさないほうがいいに決まっているし、起こしたい人などいない。人身の事故は、お金だけで解決しきれないことも大きいが、せめてお金だけでもというのが、大人としてすべき誠意じゃないかと思う。対人賠償は、無制限に加入しておきたい。また対物も、管理人は無制限にしている。世の中には高そうなものが一杯あるのだ。数億円の賠償責任を負う可能性だって十分あるのだ。

自身の補償

東京海上日動火災のトータルアシストの自身の補償とは、運転者だけではなく、自分の車に乗車している搭乗者のことも含んでいる。また自分が歩行者であったり、自転車に乗っていた場合なども補償される。他社の自動車保険の場合、この部分は特約だったり、オプションだったりするのだが、東京海上日動火災のトータルアシストの場合は、人身傷害保険は、自動でセットされてくる。もしこの部分が必要ないと考えるなら、総合自動車保険であるトータルアシストではなく、東京海上日動火災の商品ならば、一般自動車保険であるTAPを選択すればいいだろう。死亡や傷害、医療、入院などの保険、保障は他の保険商品と重複している場合もあるから、それぞれの事情で考えておきたい部分ではないかと思う。管理人の場合は、自分自身、搭乗者の補償は除いている。

車両保険

東京海上日動火災のトータルアシストの車両の補償、車両保険は、自分の自動車についての保険だ。まあこれも考える余地もいろいろあるところだろう。中古の壊れたら諦めがつくような自動車なら車両保険はいらないかもしれない。一方、修理となると高額になりそうな外車などの自動車であれば車両保険はつけておいたほうがいいだろう。残価設定のローンやリースといった形態で自動車を購入すると車両保険が必須条件の場合もあるだろう。
管理人の場合は、車両保険は、乗っている自動車に応じて、車両補償の有無を変更した。現在は、つけていない。全損するようなことがあったらしょうがないと割り切っている。自分のことは諦めも割り切りもできるのだが、やはり他人の生命や身体、あるいは財産、財物は、諦めるとかじゃなくて、責任がかかるから、自動車の任意保険は、東京海上日動火災のトータルアシストでなくても必須だと思うが、車両保険は、それぞれの事情でいいかと思う。

地震や津波の保険

東京海上日動火災のトータルアシストでおもしろいと思った特徴的なことは、地震や津波に対する補償が、オウション、特約ながら明確に用意れていることだ。
通常、東京海上日動火災のトータルアシストに限らず、地震や津波による自動車の損害は、免責事項になっていて、補償されことはまずない。また一方、住宅の地震保険は、建物と財物が対象になるのだが、自動車は、住宅の地震保険の対象にはなっていない。
東日本大震災の後、管理人は、自分の自動車保険や他社の自動車保険もずいぶん調べてみて回ったのだが、地震や津波についての補償を明らかに、わかりやすく記載しているWEBを見つけることはできなかった。当時契約していた自分の自動車保険の、パンフレットやカタログにもなく、約款の全文を読むハメになったが、そこに「地震、津波の特約」という記載があって、これがあれば補償されるとあった。どうもどこの自動車保険の会社もこれについてはあまり触れたくないようだ。
しかし、今回、東京海上日動火災のトータルアシストについてみていると、地震、噴火、津波危険車両全損時一時金特約というのが、かなりわかりやすい場所に記載されていた。おぉ、やるじゃん、東京海上日動火災のトータルアシスト!というのが、管理人の素朴な印象だ。あっぱれ、あっぱれ。
東京海上日動火災のトータルアシストの地震、噴火、津波危険車両全損時一時金特約を良く見てみると、全損した場合でも、自動車の時価を払ってくれるわけじゃない。臨時に必要とする費用を一時金として50万円払ってくれるという特約だ。200万円の自動車にこの特約をつけても50万円である。
何だか、足りないような気もするが、これが考えようだじゃないかと思う。それだけの地震があった時、贅沢はいってられない。まず生きる、生活を再建するとなれば、中古で50万でも購入できる自動車でも手に入れば、再建に向かっていろいろなことができるだろう。大規模、かつ広範囲な被害が予想される地震や津波、噴火で、全損の自動車の費用を、すべてを支払うのは、保険会社としても無理なことなのだろう。もし実際に商品として用意しようと思えば、およそ現実的はない保険料になってしまうのかもしれない。

東京海上日動火災のトータルアシストの4つのアシスト

東京海上日動火災のトータルアシスト 総合自動車保険には、4種類のアシストと呼ばれるサービスが用意されている。ロード、事故防止、事故現場、メディカルである。
東京海上日動火災のトータルアシスト 総合自動車保険のロードアシストは、修理工場などへのレッカー搬送、緊急時応急対応サービス、ガソリン配達サービス、故障相談サービスなどだ。まあJAFに入っている人には、どうでもいいことかもしれない。必要に応じて考えたい。
事故防止アシストは、防犯、防災、安全運転についての情報を提供するサービスだ。安全運転情報サイトは、なかなか見ごたえがある。もし東京海上日動火災のトータルアシストの総合自動車保険を契約したら、セットになっていて無料だから、一度はみておいても、時間の無駄にはならないと思う。
事故現場アシストは、東京海上日動火災のトータルアシスト 総合自動車保険だけはなく、多くの自動車保険会社も提供している。何しろ、自動車保険は損害保険だ。そして損害保険は、「交渉次第で保険金の支払い金額が変わる」という宿命を負っている。相手のいる事故の場合、下手なことを契約者がやったりすると、保険会社としても困るのだ。相手のいる事故対応については、ほとんどの自動車保険会社の口コミ、評判は悪くないと思う。
メディカルアシストは、緊急医療相談、医療機関案内などだ。東京海上日動火災のトータルアシストの総合自動車保険とは、直接関係ないともいえるかもしれいない。このあたりは、東京海上日動火災という会社が、医東京海上グループの生命保険会社を通じて、生損保一体のサービスを提供しているからこそのサービスだろう。

東京海上日動火災のちょいのり保険

東京海上日動火災の自動車保険で、管理人がなかなかいいじゃないかと思ったのは、ちょいのり保険だ。東京海上日動火災のちょいのり保険は、文字通りちょっとだけ自動車に乗る時に、1日単位で加入できる保険だ。例えば管理人の愛車は、ドライバーは家族限定だし、年齢も特約をつけて保険料を抑えている。この自動車を誰かに貸すとなると、補償の範囲にならないのだ。東京海上日動火災のちょいのり保険は、自動車につくのではなく、ドライバーにつく保険だ。
東京海上日動火災のちょいのり保険は、車両保険の無い場合は1日500円。車両をつけると1日1000円だ。1回の申し込みで7日まで加入できる。補償の限度も、対人、対物無制限となっているし、特約もけっこうついてきている。
申し込みは携帯でサイトにアクセスすればできるが、事前に登録が必要だ。まあ登録といっても、携帯サイトの会員登録に慣れている人なら簡単だろう。携帯と書いているが、もちろんスマホも対応している。尚、事前登録には免許証の番号が必要だ。ドコモの場合だと、ネットワーク暗証番号も必要になる。東京海上日動火災のちょいのり保険を実際に使う時には、借りる(乗る)自動車のナンバーが必要になる。保険料の料金だが、携帯電話の支払いと一緒に清算できる。特別に振込などをしなくてもいい。かなり気軽にりようできるサービスになっていると思う。
人身事故はどうでもあれ痛ましいことだが、無保険車の事故は、被害者も事故を起こした加害者も、さらに辛い。管理人などでも、自動車を貸すのはいいのだが、保険の補償も問題があって、躊躇していたのだが、こういった東京海上日動火災のような保険がもっと知られていけば、悪意のないウッカリの無保険車事故は減ってくれるんじゃないだろうか。
東京海上日動火災のちょいのり保険だが、利用して無事故の日数が多くなれば、将来、東京海上日動火災の自動車保険を契約する場合、「1日自動車保険無事故割引」が適用される。う~ん、そういわれると、東京海上日動火災のちょいのり保険を使ったことがあると、東京海上日動火災の自動車保険を契約する可能性は高いだろうな。少なくとも、他の自動車保険を契約、検討するにしても、必ず東京海上日動火災の見積もりの比較はすることになるだろうな。
注意事項としては、携帯サイトで契約するので、あまりに直前だと携帯サイトのメンテナンス停止にあたってしまうかもしれない。そんなにいつでもメンテをしているわけじゃないだろうが、数日前には、申し込みをしておいたほうがいいだろう。