保険まっぷ

ソニー損害保険株式会社とは

ソニー損保の誕生

ソニー損保と言えばダイレクト自動車保険部門で11年間連続のお客様満足度№1。今では通販型自動車保険の先頭を走る会社でもある。
自動車保険で知名度が広まり他の事はあまり知られていないようですが、設立は1998年6月10日と歴史としては意外に最近なのです。株主はソニーフィナンシャルホールディングス株式会社が持株比率100%を保持しています。1998年と言うとちょうど日本はバブルの上昇期で何でも売れる買うの時代でした。その時代に設立した企業はほとんど後に倒産と言う形で幕を下ろしてしまう企業が多い中、ソニー損保は着々と売り上げを伸ばしてきました。中でも自動車保険はダントツに人気があり、ソニー損保と聞けば自動車保険と言われるのでソニー生命の営業社員さんは苦笑いをしている時もありましたよ(笑)。

ソニー損保・取扱商品

ご存知の通販型自動車保険を筆頭に、ペット保険・医療保険の3本柱で展開しています。商品ラインナップとしては少々、少ないようにも感じますが、この保険の種類のチョイスどうですか?自動車・ペット・医療ですよ。これ、実は人の生活に係る部分に的を絞った感じがしませんか?
もう一声となると住まいの保険などがあってもいいなと思うのですが、一つ一つが充実した補償とその後のサポートもしっかりしているのでお客様から選ばれる保険として評価が高いようです。選ぶ理由としては『わかりやすい』が第一位、対応が早い、無理強いの無い契約が挙げられています。特にわかりやすいと無理強いの無いと言う部分では、やたらと電話をしてきて加入を促進するのではなく問い合わせがあった事に対して「ご検討くださいませ」とお客様の考える時間を与えるという所が大きいポイントの様です。

自動車保険

自動車保険に関しては高い評価を受けています。通販型であると同時に加入者から弘がった口コミでの新規の加入者が多いのもソニー損保の特徴です。良いものであるからこそ加入者も増えるわけで、ソニー損保はい1、事故解決サービス365日24時間対応2、ロードサービス3、保険料は走る分だけ。特に3保険料は走る分だけというのが、通販型自動車保険の流行の仕掛け人とも言える特徴ではないでしょうか。
実際の加入者からは、事故対応の時迅速・丁寧で何の心配もなかったという声もありますし、保険料が安くなったと言う声ももちろん上がっています。通販型となると、自分で補償を決めなければならない為、少々不安な人でも大丈夫!ちゃんとカスタマーセンターがあるので、パソコン画面で見積もりをしながらお電話下されば相談にのってくれるので安心です。24時間いつでも好きな時間に申し込めるのもいいですね。

医療保険SURE

医療保険はどうなの?と言う方に。ソニー損保の医療保険SUREのご説明を少し。これが結構いい保険なのですよ、特徴としては『がん』への保障を手厚くしている事。総合的な特徴にはデータ分析による合理的な保障を提供するのですが、『がん』や先進医療を重視して一生涯補償しますというスタンス。これは関係あるか無いか、、何とも言えないのですが、ソニー生命が居ますよね?ソニー生命も他社には無い様々な保険を販売してしていますが、種類が多い中の『がん保険』商品はありますが、主力商品とはいえないようでして、そこにソニー損保は狙いと付けたのではないかと思います。どちらが先かわかりませんが、兄弟思いといいましょうか相互するようになっているように思います。

ペット保険

あれ?見た事あるなぁと思ったら、なんとソニー損保が推奨する保険として販売されているのがアニコムのペット保険でした!
ソニー損保は、あくまでも窓口としての代理店で引受会社はアニコム損害保険そのものなのです。これ、考えましたね!やっぱりという感じです。
車があって・人が居て・ペットが居てとなると必ず必要になりますよね。アニコムと言えばペット保険の先駆けとも言えるペット専門の保険会社。その代理店となる事で、ソニー損保の商品を提供する事も大いに期待できます。しかもソニー損保がプロの目で選び抜いたペット保険と宣伝があれば更に加入率の効果も期待できるのではないでしょうか。代理店収入もそうですが、ペット保険は単独では営業が難しいためソニー損保の様な知名度のある保険会社と提携するのはアニコムも賢いですね。

時代を先取り

ソニー損保の公式ホームページを見てみると、facebookにツィッターが公式として公開されている。この連携は時代にニーズに伴って導入したものであると思うが実はこの取り組みこそ若い人が好むスタイルでもあるのです。先ず「オジちゃんの保険」というイメージを吹き払い、保険は皆さん大切ですよという事を比較的若い世代にもアピールできる。20代というとまだまだ親に保険の事は任せきりという世代だ。そんな中で一種のソニー損保知らないの?というスタイルを広げれば宣伝効果にもなるし知名度が益々上がる。facebookにツィッターって何じゃ?と言っているようではこれからの時代にはついて行けないですよと、中高年の保険営業マンや代理店に頑張って欲しいと思います。そういう意味ではソニー損保は時代を先取りしている保険会社として太鼓判ですね。

コエキク改善レポート

お客様の声をカタチにします!と題してソニー損保ではコエキク改善レポートと題して、お客様からの意見や苦情を聞き改善につなげている。
申し訳ございません・検討しています・改善しました、の3項目を設け、お客様の声を無駄にしない姿勢は他の保険会社にも見習ってほしいと思う。加入者にとって納得のいかない事を聞いてくれると先ずは50%が和解へと繋がる確率が上がると言う、そして対応する事で90%の加入者の満足度が得られる。これはとても大切な事でもあり、ソニー損保の取り組みは素晴らしい。例えば、スマホでも一度にうまくいくように対応して下さいとう意見から、改善しましたとの答えがあり、この加入者はスマホからという事から若年層であるという事もうかがえる。若い人がソニー損保を利用してくれているという答えにもなる。まだまだたくさんのコエキク意見があるので興味のある方は一度ご覧ください。

契約者優待サービス⁈

ご契約者優待サービス、こんなのあったら嬉しいですよね。各保険会社様々な特典を提携していますが、ソニー損保も負けてはいませんよ。
自動車保険に加入の方は、ソニークラブオブサービスに会員登録する事で、もしもの事故の時だけではなく快適なカーライフを送るお手伝いとして素敵な特典も用意されています。会員登録はインターネットからできますので、加入者の方は登録しておくといいですよ。
レジャー・グルメ・旅行・映画などのクーポンにする事も可能ですし、嬉しい事にソニーストアの商品を5%~10%offで購入できるサービスもあります。これはソニー損保に契約している人限定ですので、お見逃し無いように!今や保険の特典はタオルやカレンダーではなく、こういうものに変わってきているのですね。ソニー損保はこういう面でぬかりがありませんねぇ。

セコムとの関係

ん?メディコム?どこかで聞いたような。。そうです、セコムのがん保険です。
なんとソニー損保はセコムのがん保険ほ推奨しているのですね。ちょっと驚きです。ペット保険のアニコムの代理店を引き受けているようにメディコムも同じようにセコムの代理店として引き受けています。ソニー損保が推奨する理由として、ベストながん治療を目指す一人でも多くの患者さんを応援するためにとあります。セコムのがん保険メディコムは自由診療保険なのですが、ソニー損保にもしっかりとした『SURE』という、がんへの保障を主とした保険があるのになぜセコムのがん保険を推奨するのか。。今後の宿題とさせてください。
分からないですよね~。そもそもソニー生命の人たちはどう思っているのでしょうね(笑)会社が別だとは思いますけど。。。

ソニー損保の今後

ソニー損保は時代に乗り遅れている感じが全くしない所が強みと言えます。インターネットから生まれた通販型自動車保険をバンバン広めて販売してきただけではなく、様々な取り組みと時代と顧客のニーズに見事に合っていると思います。このリズム感、他の保険会社にはなかなか見られません。規模や企業全体の全体的な評価は決して高くも無いかもしれませんが、低いわけでもありません。総合的に安定した感じがしますし、古いという感覚が感じて来ないのは私だけでしょうか。とびきり斬新でもないのに時代に乗り遅れていない事が、こんなに気持ちがよく感じる事だとは思いませんでした。実際にソニー損保で働く社員一人一人の評判も上々で、自分たちの意見や働きが尊重されるという声も聞こえます。今後も更なる飛躍の企業として安定感はそのままに、時代の変化にうまくリズムを合わせていける保険会社として今後も目が離せません。