保険まっぷ

生命保険レディの給料

最終更新:

生命保険レディの給料

私が勤めた会社の給料体系になりますが、日本社は大体同じような感じと聞きます。最初の2年は保障給が付き15万ほどの基本給になります。成績を挙げることができたらこれに成績分が加算されます。2年の保障期間がすぎると保障の部分がマルッとなくなり、直前の成績で獲得した資格で割り出される基本給に成績分が加算されます。コンスタントに成績を挙げ続けなければあっという間に10万を切る月収の余裕であります。またその「成績加算」の算出の仕方が非常に厄介なのが日本社の特徴です。
Byちひろ(30代女性)

直接販売から代理店へ転職

保険営業経験者の多くは「保険営業なんてもうやりたくない」と言うかもしれませんが、私は保険自体を好きになっていて、保険の大事さを伝えることにやりがいを感じていました。ですが、成績のためにお客様本位ではないプランを販売しなければならない体制が古くから続く直接販売に耐えられなくなり、思い切って多くの保険会社の商品を扱う代理店に転職しました。成績のためにしつこくお客様宅に押しかけたり毎日電話をかけたりすることもなく、「保険入りたい」「保険を見直したい」と言うお客様がご来店してくださるのでやりがいはさらに上がりました。
Byちひろ(30代女性)

保険営業を経験して思うこと

営業の仕事は初めてでしたが、日本社大手だったため営業での行き先ややれば良いことなど丁寧な研修があり途方にくれることはありませんでした。ただ朝事務所に出社し、ある程度挙げられる成績の予定などを確認したあとはいわゆる「自由時間」なのです。どこで何していようとバレません。ついつい同僚との楽しいランチなどに大半に時間を使ってしまい何もせずに事務所に戻り、17時には帰宅するというだらしない日々を送ってしまいがちでした。
Byちひろ(30代女性)

保険の仕事に就いたきっかけ

保険に加入した際、担当して下さった方が「うちの会社で一緒に働かないか」と誘って下さったのがきっかけです。後から知ったのですが人を入社させることも成績のひとつなので、こういった活動もします。その時丁度転職を考えていたのでお話し聞きに会社説明会に行ったのですが、その後はあれよあれよという間に研修がはじまり、資格獲得のためのお勉強会がはじまり、入社していました。私には丁度良かったのですが、断る意思がある方は早い段階で断ったほうが良いです。
Byちひろ(30代女性)

友達をなくした保険加入事件

若かりし頃、働いていた会社の同僚が結婚し保険レディとなった為、友達でしょう?と誘われ彼女が所属する某国内大手の会社の保険に入りました。加入を勧められた時はすでに、別の保険に加入していたのですがあの手この手で何度も職場や家の方へも訪問を受けました。元は気の合う友達だったのになんだかだんだん鬱陶しくなってきた為、加入している保険を解約して彼女の保険に入りました。商品の話もそこそこに契約、私もいけなかったのですが友達だからと契約が先行してしまいました。のちに主人の保険の事がきっかけで私の保険の内容について、彼女に何度か質問をしたところ、そのそっけない態度にビックリ、そのうちに携帯にも出なくなって最後には仕事を辞めるからと後任の人を紹介されました。何かあっても便りになるのが保険であり友達です。後でわかった事でしたが、彼女の保険に入る前に入っていた保険はとてもいい保険だったようです。今度の事で、友達といい保険とその保険に払った保険料3つとも失くしてしまいました。嫌な思い出ですが、今思えば保険、保険と何度もしつこく職場に来られて他の職場の人の手前もあって、きちっと断れなかった自分がいけなかったなと思います。自分も友達思いのいい子になりたかったですねきっと。でも残念です。今は町で偶然会うこともないし、噂話さえ聞くことはありません。
By お気楽おばさん(50代女性)

親族の紹介だからといって・・生命保険のファミリーパック

私が小さい時、叔母が保険会社で勤めていたため、その保険会社の生命保険のファミリーパックに加入することになった。しかし、母は叔母のノルマのためやらと考えたためであって保険の内容をあまり把握しておらず、結果、何年間分の保険料を全額かけ捨てしてしまった。その話を聞いた時、幼心に保険ってよくわからなくて怖いな・・と思ったものです。そのせいか、今20代前半の私は保険にはいっておらず、保険の勧誘を断り続けています・・。
2015/3 掲載 By まどちゃん(20代女性)

保険の勧誘での苦い思い出 生命保険、医療保険

公務員になった1年目は、職場に保険の外交員さんが何人も押しかけてきて大変でした。しかし私も保険には入らなければならないと思っていたので、数社のお話を聞きました。しかし、熱心に通って来られて具体的な契約の話になった某社は、私が子宮けいがんになる可能性があるHPVに感染していると分かると、手のひらを返したように態度が冷たくなり、事務的にうちの保険には入れないということを告げて、さささーっと帰っていかれました。HPVは、自覚がないだけでかなりの割合でみんな感染しているウィルスなのに、私は自覚していてそれを正直に伝えたらそうなりました。保険会社も商売ですから、保険に入れない人はさっさと切るのが当たり前なのでしょうが、やはり傷つきましたし、少し人間不信になりました。逆に、味方になってくれて入れてくれた保険会社もあって少し救われました。
By タコ(30代女性)

その会社信用出来るの?生命保険

大学2年生の時、母親友人の勧めで某保険会社に加入しました。CMでは、見た事もない会社だったんですが、担当者が母親の友人ということで信用しました。ご年配の先生がやってられる小さな医院で診断を行ったとき、『少し、胃に痛みがある』と伝えたのですが、そのままスルーで加入しました。2ヶ月後に激しい胃の痛み・嘔吐・血便で病院に行くと、十二指腸潰瘍で即入院となりました。保険会社に連絡すると『入って直ぐなので保険は、使わない方がいい』と言われました。何度も連絡し保険を使うことを伝えたのですが、使わない方がいいの一点張り。担当者(母親友人)から少し多目の見舞金を頂いて解約しました。ろくな説明も診断もなく加入した事を後悔しました。しっかり説明出来る会社を選ばなきゃいけない事を学びました
By そうだったんだな(50代男性)

熱心なおばちゃんの勧めで入った 入院保険

主人が、会社に出入りしている、いわゆる「保険のおばちゃん」に強く勧められて入院保険に入る事になりました。入社直後より、会社に来るとちょっとした手土産を持ってきてくれて、ひとしきりお喋りをした後、さりげなく(?)保険の話をして行かれたようです。1年以上お断りし続けていたようなのですが、子供のためにもぜひ入っていた方がいいと強く勧められて、段々とその気になってきたらしく、入る事にしたようです。入った後も、変わらず手土産などを持ち、お喋りをして行くそうで、何かあったらいつでも相談に乗るから、なんて言ってくださるそうです。加入したら後は用無し、というよりは、はるかに安心です、
By ぱんぷきん(40代女性) 掲載:2015/5

家族と同じぐらい心配してくれたセールスの方

私が盲腸で入院した時、保険に加入した際にお世話になったセールスの方がお見舞いに来てくれました。そして、「大丈夫だからね。あなたの加入している保険は医療保険だからちゃんんと保障してくれるよ。」と言って請求書類を届けてくれました。退院後、請求をしたのですが支払いもスムーズでとても助かりました。加入する前は、まだ保険なんて必要ない、と思っていたけれど、セールスの方に「医療保険だけでも入っておいた方がいい」と言われ半ばイヤイヤだったのですが、今回は保障のありがたさが良く分かりました。
By もも(20代女性)