太陽生命保険株式会社

太陽生命。太陽という単語には、日本人は、光、温かい、エネルギー、そして生命力とか、ポジティブなイメージが多いと思います。
もしかしたら砂漠の国や赤道直下で暮らす人には、灼熱とか暑さで殺されるというようなネガティブな感覚があるのかもしれませんが、温帯や寒い場所で暮らす民族は、太陽を、命の源、恵みの源泉とする神話持っていることが多いでしょう。
そう考えると、太陽生命って名前は、生命保険会社としては、けっこう強気な名前ともいえるでしょう。
そんな太陽生命がやっているのが、太陽元気プロジェクトです。この名称、仮に太陽生命保険という保険会社を抜きに考えると、健康、運動系のNPOかなんかの活動に聞こえてしまいます。
太陽生命が、この太陽元気プロジェクトを開始したのは、2016年6月のことです。最近言われる人生100歳時代に対して、けっこう正面から向きあった取り組みをしているなぁと管理人などは以前から思っていましたが、その一環、健康寿命の延伸がテーマだったようです。。
太陽元気プロジェクトは、「従業員」「お客様」「社会」を元気にする取り組みとして、けっこういろいろなことを実施したのですが、これが厚生労働省が主宰する第6回健康寿命をのばそうアワード(生活習慣病予防分野)で高く評価されてて、厚生労働省健康局長優良賞(企業部門)受賞 することになりました。

 

そんな太陽元気プロジェクトですが、管理人が特に注目したいのは、太陽生命クアオルトウォーキングです。勿論他にもいろいろな取り組みをしていて、その中で、特に目を引いたのが、これです。クアオルトウォーキング。ドイツの健康保養地、療養地でおこなうウォーキングプログラムです。
しかし、これ、クアオルト。そもそもヨーロッパ的なバカンス、毎年1か月程度はみんな連休をとる・・・なんて習慣が国内で定着しないと、本格的効果は難しいんじゃないかな。2,3日でホイホイ効果なんてでないでしょ。
戦後、中途半端な形で保養地、休暇村なんてのを輸入、模倣したけど、結局、税金を使って箱物だけつくっても、休みがね、頑張っても1月、3週間とれるサラリーマンは、ほとんどいないんじゃない?施設だけできたけど、社会の習慣や人の考えががついていってない悲しい実例のひとつだと思ってます。職種によっては3日だけの夏休みって人もいるだろうし。
太陽生命さん、クアオルトを応援するなら、まずは自社の社員さんから、1か月の夏休みをとらせていく前例、先駆けもやってほしいなぁと、勝手に期待しちゃいます。

 

==>保険会社各社の、「健康管理」「健康増進」「健康経営」をキーにした事業、サービス展開


太陽生命厚生労働省健康局長優良賞(企業部門)受賞 2017/11関連ページ

団信WEB申込開始 (おひさまねっと 太陽生命) 2017/10/2
おひさまねっとは、平成28年3月から開始。団体定期保険の加入手続きのできるサービスでした。太陽生命のおひさまねっとは、2017/10/2から、従来の団体定期保険の加入手続きに加え、団体信用生命保険の申し込みもできるように
自宅でペーパレス給付金請求手続き 高齢化社会にむけて(太陽生命保険)
太陽生命保険株式会社が、自宅でペーパレス給付金請求手続き ができる専用端末のシステムを稼働させた。従前からあるかけつけ隊サービスの延長だが、
最長70歳まで雇用(太陽生命)
太陽生命はシルバー世代にむけた商品が強いという印象をもっているのだが、雇用にまで、その方向が及んできた
日本医師会の赤ひげ大賞に協賛(太陽生命)
太陽生命が、赤ひげ大賞に特別協賛ということで参画しています。日本医師会の赤ひげ大賞ですから、赤ひげのような医者を見つけて
保険組曲ベスト
保険マップ管理人による太陽生命保険株式会社 保険組曲ベスの詳細解説。あわせて実際にその保険を契約した経験者の体験談(口コミ情報)を逐次掲載。
ひまわり認知症治療保険
太陽生命保険株式会社 ひまわり認知症治療保険の詳細解説。あわせて実際にその保険を契約した経験者の体験談(口コミ情報)を逐次掲載。
ひまわり認知症予防保険
太陽生命保険株式会社 ひまわり認知症予防保険の詳細解説。あわせて実際にひまわり認知症予防保険を契約した経験者の体験談(口コミ情報)を逐次掲載。
100歳時代年金
シルバー世代、高齢者世代に向けた商品展開や、独自サービスに力を入れてきた太陽生命が 2017/10/1から発売開始したのが、100歳時代年金である。なかなかすごい商品名で、
月額利用料サポートプラン
太陽生命保険株式会社 月額利用料サポートプラン 拠出型企業年金保険・遺族給付金付終身年金移行特約の詳細解説。あわせて実際に拠出型企業年金保険・遺族給付金付終身年金移行特約を契約した経験者の体験談(口コミ情報)を逐次掲載。
クアオルト健康ウォーキング授賞式開催 2017/11/24
ウォーキングとの共通点は、歩くこととヨーロッパであることくらいでしょうかね。保養地的なリゾート的な考えを強くというか、中心にしているのが、クアオルトウォーキングです