生きるチカラ

生命保険とか終身保険という言葉に抵抗がありましたので、保険に入ったのは40歳を過ぎてからのことでした。始めて養老保険に入りましたがこれなら貯蓄になるからと勧められたのがきっかけでした。満期になれば自分で使えるしくらいの気持ちで、入院給付金は付けましたが満期と同時に終わることも気にしていませんでした。幸い入院することもなく30年近くが過ぎましたが、これからの方が入院給付金を必要とするのではと気になりだしました。満期までに後2〜3年の時に入院給付金の期間を延ばせないか相談しました。その時に勧められたのが上記の保険です。これは、満期金で新しく終身保険を買い入院給付金の期間を終身まで伸ばすという形でした。これなら医師の診察も必要ないし支払う保険料も同じということで変更することにしました。 一つ残念なのは満期金が減ってしまった事です。もう少しで満期だったのですが。幸い変更してからも入院はしていませんが。  余談ですがその保険はその後すぐ終了したそうです。これも幸いと言えるかもしれませんね。
笙の笛 (70代以上女性)


----------------------------------------------

この先もし入院した時のために備えて (ニッセイ生きるチカラ 日本生命保険相互会社)関連ページ

まさかの骨折で保険金が下りました! (日本生命保険相互会社 生きるチカラ)
生命保険に入っていますが、詳しい内容などをきちんと、確認したのはさいきんになってからです。親が加入してくれていた保険を、自分の分だけ払っていました。私はあまり運動などをしないので
若いうち、元気なうちに加入(日本生命)
日本生命の保険に入ったのは、両親の離婚がきっかけでした。当時まだ16歳だった私は保険に加入する意味が理解できず、なぜまだ若いのに保険などかけなくてはいけないのか、
役に立った「短期入院特約」 ニッセイの「終身保険」
ニッセイの終身保険に特約としてつけていた疾病特約が、46歳で切れてしまうことがわかりました。なにかと病気にかかる確率が高くなる年齢を迎えていたので、見直しをし、三大疾病特約、ガン特約、女性疾病特約をつけて
内容分かっていないと損する保険 (定期特約付終身保険 日本生命相互)
保険金額高く終身、との名目ですが定期部分が60歳くらいで切れる(終身で残るのは数百万のみ)、特約でついている医療保険部分も
安くても充実した保険を選びました! (防衛省団体保険 日本生命、コープ共済)
主人が防衛省の職員なこともあり、生命保険は、夫婦の分は防衛省の団体保険に加入しています。個人で加入するより安く