日本生命保険相互会社

日本生命保険相互会社 の概要

  • 日本生命保険相互会社
  • にほんせいめいほけん
  • Nippon Life Insurance Company
  • 本店所在地 〒541-8501大阪府大阪市中央区今橋3-5-12
  • 創立 明治22年(1889年)7月4日
  • 従業員数 70,519名(うち内勤職員18,564名)
  • 事業所 支社等 109 営業部 1,544 海外事務所 4 代理店 14,528
  • 子会社等 保険および保険関連事業 16社 資産運用関連事業 38社 総務関連事業等 11社

 

日本生命保険相互会社の沿革

1889年 有限責任日本生命保険会社を創立。
1891年 株式会社化(日本生命保険株式会社)。
1942年 富士生命を包括移転。
1945年 愛国生命を包括移転。
1947年 日本生命保険相互会社として再発足。
1975年 琉球生命保険を包括移転。
2001年 同和火災海上保険とニッセイ損害保険が合併し、ニッセイ同和損害保険設立。
2001年 同和生命保険より全契約の包括移転、同和生命保険は解散。
2015年 三井生命保険を傘下に。

 

日本生命保険相互会社の商品

生命保険

  • ニッセイ みらいのカタチ 継続サポート3大疾病保障保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 3大疾病保障保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 身体障がい保障保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 介護保障保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 総合医療保険
  • ニッセイ みらいのカタチ がん医療保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 特定損傷保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 終身保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 定期保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 生存給付金付定期保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 年金保険
  • ニッセイ みらいのカタチ 養老保険
  • ニッセイ こどもの保険 げ・ん・き
  • ニッセイ 学資保険
  • ニッセイ 出産サポート給付金付3大疾病保障保険 ChouChou シュシュ
  • ニッセイ 長寿生存保険(低解約払戻金型) GranAge グランエイジ
  • ニッセイ 一時払終身保険
  • ニッセイ 傷害補償重点期間設定型長期保険 プラチナフェニックス 法人向け 2017/4/2販売開始
  • ニッセイ 一時払年金保険 販売中止(2017/2調べ)
  • ニッセイ 一時払養老保険 販売中止(2017/2調べ)
  • 通貨指定型個人年金保険詳細 引受保険会社 ジブラルタル生命
  • 限定告知・無解約払戻金型終身医療保険14 Medi-AxN メディ・アン 引受保険会社 アクサ生命
  • 米国ドル建終身保険 引受保険会社 ジブラルタル生命

金融機関窓口販売商品

新規販売を停止している商品

  • ニッセイ投資型年金
  • マイドリーム
  • ニッセイ積立利率変動型年金
  • プラチナドリーム 平成23年3月31日に販売を停止
  • ニッセイ積立利率変動型一時払収支保険 円建
  • ロングドリームプラス 円建
  • ニッセイ積立利率変動型一時払収支保険 ドル建
  • ロングドリームプラス 米ドル建
  • 夢のかたち
  • ニッセイ定期保険EX
  • 年金名人EX

 

日本生命保険相互会社の新入社員 2017/4

日本生命保険相互会社の2017/4の新入社員 は、827名です。
と、これだけ書いても多いのか少ないのか、判断が付きにくい数字ですね。
他の生命保険会社の数字を挙げておきましょう

  • 第一生命ホールディング 1016名 (第一生命、第一フロンティア生命、ネオファースト生命)
  • 明治安田生命 911名
  • 住友生命 625名
  • 大同生命 97名

----------------------------------------------

日本生命保険相互会社記事一覧

ニッセイ、日本生命さんは、以前から、ずっともっとサポートサービスというこをやってきています。経営戦略的な難しいことまでは、このサイトでは扱いませんが、それでも、ニッセイ、日本生命が、「保険+α」を目指して取り組みを続けていることについては、保険マップ管理人は注目をし続けています、2017年4月、このずっともっとサポートサービスに、「健康サポートマイル」を導入すると発表されました。・・・そうですか。...

郵便局といえば、かんぽ生命の商品・・・というのが、保険目線からのセオリーだった。しかし、郵便局でアフラックのがん保険を扱い始めるし、第一生命の企業向け保険を扱うし、そして今度はニッセイとの実証実験である。窓口会社として、とにかく利益になるなら何でもやる。まあ民営化した以上、それで当然といえば当然なんだろう。さて、今回のニッセイと郵便局が実証実験の開始は、ごくごく限られた郵便局での話だ。それでも、対...

日本生命祖保険相互会社 ニッセイと大阪大学医学部。両者を続けて書いてみても、そこに何の関係があるのか、すぐに回答できる人は、両者の関係者でないなら、けっこう博学な方じゃないかと思います。ニッセイ、日本生命は、大阪に本社を置く会社ですから、そこの繋がりだろうくらいは思いつかれるかもしれませんね。また、生命保険ですから、医学も関係してきそうです。大阪大学医学部の原点とも言われるのは適塾ですが、蘭学者で...

日本生命 ニッセイとニチイ学館との協働は、昨今にはじまった話ではありません。ニッセイとニチイ学館の業務提携は1999年からで、合弁会社ライフケアパートナーズの設立や、介護領域での、ニッセイの契約者向けサービスなどの実績があります。今回の企業主導型保育所の全国展開で日本生命 ニッセイとニチイ学館が協働するという報に触れて、それほどの驚きはありませんでした。保育所の展開では、管理人は、第一生命の保育所...

ACAP消費者志向活動表彰をご存じでしょうか。恥ずかしながら、管理人は初耳でした。公益社団法人消費者関連専門家会議という団体がありまして、これの略称がACAPということです。このACAP (公益社団法人消費者関連専門家会議)が主催するのが、ACAP消費者志向活動表彰で、今回は第2回目になります。まだ新しい取り組みと言えますね。知らなくてもまあしょうがないといったところでしょうか。今回、ACAP (...

日本生命が、貯蓄性保険商品を中心に値上げを行う。2017/4以降の新契約が対象で、既存の契約への影響はない。貯蓄性商品の予定利率の変更は、2014年以来3年ぶりとなる。対象となる商品をあげてみると、学資保険、こども保険、年金保険、長寿生存保険(低解約払戻金型)、終身保険、長期定期保険、低解約払戻金型長期定期保険に加え、保険期間が終身の3大疾病保障保険、介護保障保険、総合医療保険、がん医療保険が対象...

今日、管理人がこれを書いているのは、2017/2/8です。日本生命セ・パ交流戦も、13年目になりました。あまり野球に詳しくない管理人にとっては、最初は交流戦自体が、よくわからない存在でしたが、13年もたつ、さすがに興味の薄い管理人の目線でもすっかり定着してきた感じがします。普段であれば、管理人は野球についてそれほど思い入れはありませんので、セ・パ交流戦について書くようなことはありません。管理人は保...

日本生命保険相互会社が、訪問準備システムで特許を取得した。この会社、とにかくシステムで特許をとるのがお得意といってもいいだろう。H25年には、保険金・給付金の請求勧奨案件生成システム、H27年には、営業支援システムで特許を取得している。なかなかすごい。特に管理人がすごいなぁと思うのは、営業支援システムだ。保険金・給付金の請求勧奨案件生成システムなどは、これをシステムの乗せること自体が新しさがあるの...

私は生命保険の営業をしていた時たくさんの方々とお話をさせて頂きました。生命保険の外交員は販売することが成果であると思って居た私ですが、ある日お客様から入院したので保険金の請求をしたいとお申し出を受けたのです。そして、その手続きにお伺いをしました。そのお客様は夫婦で二人暮らしで、県外から定年をきっかけにゆっくりした田舎にと引っ越していらっしゃった御夫婦でした。旦那様が入院し、ガンであり自宅で知らぬ土...

日本生命の自動車保険で助かった・・・という経験談を受け取った。ありえない。日本生命 ニッセイは生命保険会社なので、自動車保険の引き受け・販売はできないはずなんだが・・・。体験を書いてくれた人に確認のメールを送ったけども、どうも要領を得ない・・・。いろいろ自分で、調べなおす。あぁ、ニッセイはあいおいニッセイ同和損害保険株式会社の代理店をやっているのか。自動車保険だけじゃなく、あいおいニッセイ同和の損...

プラチナフェニックス ニッセイ傷害補償重点期間設定型長期保険は、勿論、ニッセイ、日本生命の保険ですが、一般には、まだ馴染みがないでしょう。ニッセイ傷害補償重点期間設定型長期保険 プラチナフェニックスが、一般にまだ認知されていないのには理由が2つあって、ひとつは法人向けの商品であること、もうひとつは発売開始が2017/4/2で、まだ日にちが浅いのが大きいでしょう。(本記事の執筆は、2017/4/20...

「生きるチカラ EX」 は、2001年(平成13年)に発売された

ニッセイ 一時払終身保険