保険まっぷ

損保ジャパンとMUFG

最終更新:

損保ジャパンの仕事

実は損保ジャパンの仕事をしたことがある。損害保険の業務を直接やったわけじゃない。下請けの、出入りの、末端の業者として関与し、エンドのお客さんが、損保ジャパンということだ。
しかし、エンドの損保ジャパンのその業務の担当者さんとか、上司の人程度とは、よくお話しする立場ではあった。

保険と守秘義務

保険業界に限らないだろうが、医療とか、金融とか、個人のナイーブな問題を扱う会社であれば、当然ながら守秘義務については厳しい。勿論、そうでないお客さんに対しても、不利益を産まないように、軽率に詳しいことは語らないのは、お約束だ。

顧客のライバル

昔、メーカーであるA社の打ち合わせに、若い女性を伴って行ったことがある。そこで愕然としたのだが、その彼女、A社のライバル、競合、コンペスターであるB社のノベリティグッズである缶ペンケースを持っていったのだ。会議の席でテーブルに出してきた。うぉおおw 事前に教えていなかった自分をののしるしかない。そうかぁ・・・若い世代は。ここからもう、教育しなきゃいかんのかぁ。
いわば、トヨタの工場に弁当なんかでも配達する時、ホンダ車で行かないようなもんだw うちの弁当は、安くておいしいから、これでいいんだ!というようでは営業的には失格というべきだろう。そういう配慮ができない奴ねと思われて、ロクなことはない。同じ値段で同じ程度の味を提供されたら、配慮してくれる業者を選ぶのは当然だろう。

MUFGの手帳

管理人は、ちょっとした経緯があって、MUFG三菱UFJフィナンシャルグループの手帳を持っていた。一言でいえば、「もらいました」なんだが、その経緯は別のネタとして、いずれ書こう。
MUFG関係の仕事もやったことがある。もちろん下請けなんだけど。で、銀行員さんとかとの打ち合わせもあって、その時に、わざわざ、この手帳を何気に使っていたのだw まちがっても、ミズホなんかの物を持っていったりしないw

損保ジャパンの仕事をはじめる時

さて、MUFGの手帳を使っていた管理人なんだが、その年、損保ジャパンの仕事がはじまった。
あれ?資本関係どうだっけ?と悩んだ。ぱっと調べた程度じゃよくわからんw まあ、ここは避けておくほうが無難であろうと、別の手帳にした。実用的には、スケジュールはPCと携帯で管理していて、手帳はサブであり、それこそメモをとれる小さ目のノートでもよかったのだ。

参考写真

損保ジャパンの看板