保険まっぷ

アクサ損害保険株式会社とは

最終更新:

アクサ損害保険株式会社の誕生

アクサ損害保険はアクサダイレクト自動車保険で有名になって歴史が浅いと思ってたのですが、実は設立は1998年(平成10年)なのです。
資本金は172億2,150万円ときいても一般市民にはピンときませんね(笑)もうひとつ、アクサ損害保険は外資系のイメージがありますがれっきとした日本の損害保険会社なのですよ。何と言ってもアクサ損害保険の強みは世界最大級の保険・資産運用グループであるアクサグループの一社である事。保険業界で言えば1998年設立となるとベテラン枠ではないようですが、信心としてメキメキと知名度を展開し、たちまちアクサと言えばダイレクトというイメージを植え付ける事に成功しました。これから益々飛躍が期待できるアクサ損害保険です。

アクサ損害保険の商品

アクサ損害保険の商品ですが、言うまでもなく例えばアクサとインターネットで検索エンジンをかけると「ダイレクト自動車保険」とズラーッと出てきます。そのくらいアクサと言えばアクサダイレクト自動車保険が有名になったのですが、アクサダイレクト・アクサダイレクト自動車保険のお話の前に、アクサ損害保険の商品について少しお話しましょう。自動車保険の他にバイク保険・ペット保険・傷害保険・医療保険も会取り扱っています。特に傷害保険については自転車に乗るならと傷害保険と(傷害保険または家族傷害保険)賠償責任危険補償特約をセットにしたプランを販売しています。保険料は月々何百円という掛け金で近年増えつつある自転車事故にも手厚い補償を備えているのが特徴です。ただし、通販型の新規販売は2014年3月で終了したので残念です。

アクサダイレクト

アクサ損害保険と言えばアクサダイレクト自動車保険が外せません。アクサと言う会社を語るには必ずダイレクトと言う言葉が浮かんでついてくるのですが、ダイレクトとはそもそも通販型を表す言葉であるのです。
保険は自分で見積もりをして選ぶ時代に変えたといっても過言では無い、アクサダイレクト損害保険。
通販型の代表格としては、揺るがない地位に今立っています。インターネットも電話も見事に忙しい現代人を象徴とした部分を逆手にとって、利便性に繋げたと思います。代理店販売型の保険よりも個人の時間を削られる事が少ないのが一番の魅力でもあり、必要のない物は自分で削除し必要な物だけを選べる保険として、この短期間の間にアクサダイレクトとして成長を遂げてきたのです。

アクサダイレクト自動車保険

アクサと言えば自動車保険だろう!と言う方お待たせ致しました。皆さん自分で保険の見積もりをされる時、アクサと入力してみて下さい。
それだけで「自動車保険はアクサダイレクト」と出てきますよ。インターネットでも広告バナーやホームページのあちこちに出ている上にテレビCMでは堤真一さんが起用されています。アクサダイレクト自動車保険のコンセプトは、3つの安さの理由。他もそうじゃないかと思われる方もいらっしゃいますがアクサの場合は少し違うのです、お客様と直接つながるダイレクト販売・様々な割引特約(ネット割引など)・ライフスタイルに合わせた保険料設定。このライフスタイルに合わせた保険料設定の中に、お住まいの地域によって保険料が異なるというユニークな設定に斬新さを感じました。

世界で見るアクサの概要

アクサ損害保険と、どこを見てもダイレクトと言う言葉が出てきます。
それだけアクサダイレクトとして有名になったのですが、ここでアクサの概要を少し説明しておきましょう。
アクサは1817年にフランスで生まれ世界57か国の国と地域のお客様から信頼をいただいている、世界最大級の保険・資産運用グループです。顧客は世界に約世界に約1億200万人、アクサの従業員は世界に約16万人と世界全体を見ても大きな企業だという事がわかりますね。
格付けはA+で安定したレベル内に位置しています。アメリカはホボ全土、アジア中東パシフィックには8割、ヨーロッパ、アフリカなどに従業員が働いています。フランスで生まれたアクサが日本に浸透したのが「アクサダイレクト」という、これまでの国内保険の販売方法を覆した画期的で新しい方法だったのではないでしょうか。

日本におけるアクサの事業展開

アクサジャパンホールディングス(株)を母体とし、保険・資産運用、アシスタンスなどフィナンシャル・プロテクションに関わる様々な分野で事業を展開しています。大きく3つに分けられ①アクサ損害保険(アクサダイレクト)②アクサ生命保険③アクサダイレクト生命となっており、個々に管理・監督部分が設けられ、③のアクサダイレクト生命が97.85%に対し、①と②は100%になっています。
「アクサダイレクトは同じじゃないのか?」と混乱してしまいますが、正式には①のアクサ損害保険は(アクサダイレクト)が含まれ損害保険事業をおこなっており、②のアクサ生命保険はa生命保険業免除に基づく保険の引受け・b資産運用の他に付随業務として「c国債等の引受け・d他の保険会社の保険業に係る業務の代理または事務の代行」も行っています。③のアクサダイレクト生命保険は、②にのうちのaとdが街頭になります。

アクサのグループと・パートナー

アクサの名前がズラリと並ぶので出来るだけ判りやすく説明をしたいと思います。先ずアクサグループとして日本と世界に分かれ、パートナー企業が存在します。日本のグループにはアクサ生命保険・アクサダイレクト生命保険・アライアンス・バーンスタインという投資顧問会社など4つから成り立っています。世界のグループに加え、ここで注目して欲しいのがパートナー企業です。エールフランス・シトロエンという日本の皆さんにも耳にしたことがある世界の企業がパートナ―企業になっているのをはじめ、スルガ銀行・スルガネット銀行もパートナー企業なのです。フランス政府観光局もパートナー企業となっおりアクサグループが、1817年に設立された、フランスを本拠地とする世界最大級の保険・金融グループである事を象徴するパートナー企業という事が判ります。

アクサ損害保険・社内評判と口コミ

アクサ損害保険の社員評判ですが、顧客側が知るとちょっとガッカリする部分があるかもしれません。
もちろん接客には精神誠意と込めて対応していますので、そこは切り離していただきたいのですが、もし自分がアクサ損害保険で働く側となった場合、20代の社員成長の環境としては成長段階でまずまずなのですが、待遇面の満足度や人事評価の適応感がすこぶる悪い評価が見られます。社内の空気としては自由な感じがするようで、外資系なので就業中にガムを噛んでもいいと思っていたと言う若手社員もいました。そんな事は外資も日本も関係なくNGだと思うのですが。。給与面での満足度が悪いのは同じ仕事ばかりで何年も経過し、コールセンターは苦情を受けた後の社員のフォローが希薄で入れ替わりが激しいようです。保険として知名度が上がり顧客のニーズも増加しているだけに社員にも手厚い報酬をして欲しいですね。

アクサ損害保険・求人

就職難・就職浪人と言われる新卒者がここ数年多く出ているのも社会問題となっています。
日本政府が生み出した「ゆとり教育」を受けた世代が今、まさに就活を迎えており、損害保険業界にも求人はあるのですが定時に帰宅できない・年功序列・上司の付き合いが苦痛との理由で直ぐに止めてしまうのが現状です。アクサの求人、サービスセンターでの人材を求めている場合。短大・専門学校卒・第二新卒OKとありましたが、仕事の内容が果たして今の若者に理解してもらえるのだろうかと心配になりました。仕事の厳しさとして、一件一件の事故対処によって一人の人生を変えてしまうほど重要な業務であり、責任感が伴い、全く同じケースの事故は二つと無い。この条件ではむしろ求人というより今の若者においては損保離れが増していく一方だと不安になったのは私だけでしょうか。。。

アクサ損害保険・その他

アクサ損害保険のその他の事情をお話ししたいのですが、どうしてもアクサダイレクトの情報が多くその他の情報は少ないのが現実です。
それだけアクサといえばアクサダイレクトと言う風に根付いたのは、宣伝効果としては素晴らしい事なのですが、せっかくですから傷害保険とかペット保険とかもご紹介しましょう。ペット保険などは飼い主の心をくすぐる内容になっていますよ、結局はアクサダイレクトになってしまうのですが(笑)商品名が「いぬのきもち・ねこのきもち」という保険でダイレクトですからインターネットで気軽に見積もりできます。契約者プレゼントなどをホームページに載せる所は顧客の心を更にくすぐり、なんと終身まで契約の継続が可能になったというのですから、ペット保険専門社にも対抗するだけの保険力はあると思います。

Written By あさひAtoZ
本稿は、あさひAtoZから寄稿されています。