個人年金保険

私は現在個人年金に加入していて、毎年50万円以上の年金をもらっています。加入したのは、将来公的年金だけでは生活するのが苦しくなると聞いたからです。その時たまたま同僚の娘が日本生命に入社したので、その人の為にとも思って加入しました。 毎月1万余を21年間支払ったのですが、50万円余の額を10年間毎年支払うもので、支払った額の倍以上になって戻ってきます。この個人年金保険は公的年金の足しとなっていて助かっています。今後財政事情が改善されないかぎり公的年金の額が減らされ可能性がありますので、不足がちな公的年金を補完するためにも個人年金保険には入っていた方が良いと思っています。毎月1万円以上支払うのはきついですが、定年後を考えると入っていた方が良いです。
宇都宮太郎 (60代男性)


----------------------------------------------

個人年金に加入して公的年金の足しになっている (個人年金保険 日本生命保険相互会社)関連ページ

個人年金保険に加入した理由 (個人年金保険 日本生命保険相互会社)
個人年金に加入したのは、将来高齢者が増え公的年金だけでは生活するのが困難になってくるとのことを聞いたからです。またその時に保険会社の個人年金が良いとも聞きましたし、当時勤めていた職場の
私が身体障害精神疾患て事で嫌な思いした体験と他の保険会社に感謝の喜び (年金貯金保険 日本生命保険)
女性型の癌家系で母親も子宮体癌をやらました。叔母さんも乳癌になり遺伝もあるかも知れないと思い友達が働いてた日本生命保険に入る事になった時に友達の上司から
保険商品での貯蓄は銀行より高金利でした (ニッセイ一時払終身保険 日本生命相互会社)
内容は、保険料も給付金も一時払いの、定額個人年金保険です。ケガや病気により入院しても費用を補償する保険金がもらえるわけでは
いざという時の大きな助けとなる医療保険 (個人年金保険特約型医療保険 日本生命保険相互会社)
日本生命の個人年金保険に加入しており、それにオプションでつけられる医療保険に入っていたことで、随分と助けられました。一時期、子育てとパート、家事を兼業