ニッセイ 一時払終身保険

貯蓄を目的として定額個人年金保険に加入しました。保険会社に運用してもらい、有利な金利を得ようとする目的で加入したのです。 運用リスクが小さいことも魅力です。定額個人年金保険であれば、株式ほどの大きな収益は期待できないものの、保険会社によって堅実な運用がなされますので、安心して長期に渡ってお金を預けておくことができます。 ただ、デメリットもありました。それは、契約費用が高額であること。契約直後に契約費用が差し引かれます。つまり、契約後3〜4年以内に解約すると、元本割れをしてしまう恐れがあるのです。案外契約費用がばかにならなかったかもしれません。定額個人年金保険に加入する前に投資に関する知識があれば、リスクを抑えた投資である投資信託を選んだかもしれません。即ち、保険会社任せではなく、自ら運用先を指定する投資信託も考えるべきだった、と思っています。
Petero (30代男性)


----------------------------------------------

費用がとても高かった年金保険 (ニッセイ一時払終身保険 日本生命保険相互会社)関連ページ

銀行でなく保険会社で貯蓄することにしました (ニッセイ一時払終身保険 日本生命相互会社)
現在独身で、さし当たって多額の現金を必要とする予定がないため、お金を保険会社へ預け長い期間をかけて運用してもらい、銀行より有利な金利を得ようとする目的で
保険に入っていて初めてよかったと思ったこと (ニッセイ終身保険(重点保障プラン) 日本生命保険相互会社)
アルバイトしていた編集プロダクションで出会った保険のお姉さんに、ほぼ無理やり勧められて入った保険で、自分では何に入っているのかよくわかっていませんでした。とりあえず元気で
故人の思いをつなぐ保険 (一時払い終身保険(マイステージ) 日本生命保険相互会社)
窓口にお客様からご連絡があり、お母様の死亡保険金のお手続きをなさりたいとのことでした。お会いしてお話を聞いていると、せっかく残してくれた保険