保険まっぷ

やっぱり決め手は担当者の誠実さ ソニー生命

最終更新:

やっぱり決め手は担当者の誠実さ ソニー生命

我が家はお金のことに無頓着な夫とまだ1歳の子供がいます。以前は親類や仕事の付き合いで内容の良し悪しは考えずに保険に入っていたんですが、子供も生まれると支出が増え、生活費を見直したいと思い、いくつかの保険屋さんのFPに相談しました。その中でソニー生命の担当者の方がとても誠実で丁寧、教えてくださる節約術や保険の見直しについても無知な私たちにも上から目線でなくわかりやすく説明していただき、信頼してお任せできると思い、保険を移しました。保障の内容って正直どこもさほど変わらないからこそ、決め手は人柄だなぁと思います。
By tomekko( 30代女性)

保険から手術代をもらったこと

若いころは保険からの給付はもらいませんでした。それだけ健康だったのですね。定年後は医者通いです。昔は入院保険も1日だけからではなく、20日以上の入金が条件です。今は1日入院からほけんがおりますね。よくなっています。その分私の保険ではもう死ぬような状態にならないと保険が降りないでしょう。昔の条件はたいていこのようなものでした。あるとき胃腸の内視鏡の検査を受けました。そしたら大腸にポリーブがあると。dそれを取りました。ちゃんとした手術です。支店に電話するとよくわからないと。そこでほんぶに電話して、手術には間違いないと、手術代として5万円をもらいました。これが唯一の給付です。今は日帰り手術も多くなってきました。速やかに出してもらいたいもんもです。
By ムラさん(70代以上))