保険まっぷ

地震保険で助かりました

最終更新:

地震保険で助かりました。

四年前の宮城県沖地震では、我が家はちょっと高台なので津波被害こそありませんでしたが、かつて経験したことのない揺れで家の中はメチャメチャになりました。また、外壁にも亀裂が入りました。後日、損害保険会社に連絡してみると、専門家をすぐに派遣して診断してくれるとのこと。まだ、交通網も十分には復旧していませんでしたが、約束どおり来てくれました。主にソと壁を点検してくれて、亀裂が○○本確認できれば半壊認定できます、と言いながら精力的に調査していただいて認定していただきました。保険金の支払いも非常にスムーズで本当に助かりました。
By ポポロン( 50代))

地震保険、加入しておいて良かった!!!

2011年3月11日、東日本大震災が起こりました。自分の地元は栃木県宇都宮市。東北地方の方々に比べ、震災の影響が少なかったが、地震による損壊、停電等が発生し、多少なりとも影響がありました。我が家は新築後5年程度。家屋のヒビや室内のモノが落ちて壊れたりと、損害がありました。仕方がないと思ってましたが、知人に「地震保険にはいってなかった?」との一言で、証券を探しました。入ってたんですね!保険会社に電話し、人で不足もあり時間は経ちましたが、自分の立会いの下アジャスターさんが来てくれて、査定してくれました。見積もりとか色々面倒だなと思ってましたが、その場で査定額を提示してくれて、入金もスムーズでしたね!保険の入会は慎重ですが、いざ、使うとなる時には意外と忘れているもんですね。それ以来、契約している保険の内容は手帳に書き込み、払い損のないようにしています!
By ミヤパパ( 40代))

地震保険に加入するなら一緒に家財保険にも付けるべき。

保険代理店をしていて、東日本大震災での経験談になります。被災地になってしまった私のエリアの茨城では、震災の際の建物の損壊は本当に酷い物でした。その中でお客様の為になったと今でも思うことは、地震保険の加入はもちろん家財保険にも地震保険を付けたことです。震災の審査の際、建物の損害評価が低くとも、家財は損害評価は高くしてくれる事が多かったです。やはり建物の修繕費は建物だけの地震保険では当然賄えない位費用がかかります。そのため少しでも多く保険が下りてくれると修繕費用などの足しになったとお客様には喜ばれたのを覚えています。
By JG( 40代))

東京海上日動の地震保険

地震保険に加入していたことによりすこしの安心を得ることができました。
東日本大震災で家財道具など日常使うものがほとんど壊れました。電話で保険の申請をしましたが、丁寧でわかりやすく説明していただけたので安心しました。書類も迅速な対応だったので、申請から2週間後に入金確認ができ震災からしばらくして日常生活に必要な道具を購入し新たな生活をスタートできました。保険に入っていたので、新しくものが購入できるのであってもし加入していなければ自費で購入するのでマイナススタートとなり気持ちの上でも不安があったかもしれません。
By ニジイロ( 30代女性)

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます