建物更生共済むてきプラス

建物更生共済むてき と 建物更生共済むてきPLUS

JA共済の 建物更生共済むてきPLUSは、販売開始当時は、建物更生共済むてき でした。これが建物更生共済むてきPLUSと、PLUSが付いたのは、2017/4/1のことです。
管理人はこれまで、どちらかというと、建物更生共済むてき とい商品が好きでした。まあ管理人は、自称、保険マニアというちょっとよくわからない感性の持ち主ですからw その 「好き」というニュアンスを、うまく伝えることかできるどうか心もとないのですが、JA共済の建物更生共済むてきは、けっこう誠実で、気合の入った設計で、いい商品だと思っていたのです。
なるほど、むてき、無敵ですか。名前負けしてない充実の保障内容だなぁ、とかなり好意的でした。
それだけに、建物更生共済むてきが、建物更生共済むてきPLUSに改名したのにはなんだかなぁという感じがあるのです。
だって、無敵ですよ、無敵。最強で、これ以上ないってことじゃないですか。なんですか、今更PLUSって。今まで無敵っていってたのは、ウソなんですか。
・・・と、仮にカスタマーサーボスに送り付けたら、JA共済さんとしても、とても回答に困るであろうことを、考えてしまったのです。

改訂された内容

さて、本題に入りましょう。JA共済の建物更生共済むてきが、建物更生共済むてきPLUSになるとき、変わったのは名称だけではありません。ちゃんと内容も変わっています。しかし、元が無敵という、いわば最上級 estともいうべき名称です。ここにPLUSってつけてしまうんですから、ちゃんと納得のできる改定内容であってほしいものです。
と、見ていくと、まず「実損保険方式の導入」の文字です。おぉ!

実損保険方式の導入

実損補てん。イメージ通りならなかなかです。普通は、損害の実費というより、損壊の程度で何%とかという保険金を受け取ることになりなります。実際のところ、従来の建物更生共済むてきは、比例てん補方式のみでした。でした。ところが建物更生共済むてきPLUSからは、付保割合に関わらず、火災共済の金額が限度になりますが、損害の額、実費を受け取ることができるようになっています。

水災の保障を拡充

次に目に入ってきたのは、水害への保障の拡充です。
読んでみると、確かに、水害への保障の拡充ともいえるのですが、臨時費用共済基金、特別費用共済金の支払い要件の拡充(水害を追加)というほうが、素直じゃないかなぁと思います。
まあそれはおいといて。従来の建物更生共済むてきで、水害の場合に、臨時費用共済基金、特別費用共済金が入っていなかったのが、逆に不思議なくらいで、これは当然、入っておいてほしいものですよね。

自然災害共済金の区分

従来のJA共済の建物更生共済むてきでは、区分はありませんでしたが、JA共済の建物更生共済むてきPLUSになって、風水害等共済金、地震共済金に区分ができました。さらに、従来JA共済の建物更生共済むてき では一律30%だったのですが、契約時に10%と30%を選ぶことができるようになりました。

満期共済金額の設定の自由度

満期共済金額の設定の自由度が高くなって、火災共済金額と同額から1/30までの範囲で設定できるようになりました。

PLUSって、選択の自由をPLUSか

ここまで、JA共済の建物更生共済むてきのPLUS部分についてみてきました。PLUSというと、何かが加わるようなイメージを持つのが普通といってもいい気がします。無敵という最強の状態に何をPLUSするのだろうと、管理人は疑問をもってしまったわけですが、やっとJA共済連に意図がわかったように思います。これは、保障の範囲を縮小する選択の自由をPLUSしているんだなぁ、と。


----------------------------------------------

建物更生共済むてきプラス記事一覧

大きな地震で自宅の家に数か所ヒビが入り、JAの担当者に連絡したところ、迅速な対応ですぐに家まで来てくれて安心しました。調査のため、家の外や中を一通り見て回り一緒にチェックをしていきました。被害のあったところ以外も全部見て、地震での被害なのかどうなのかを丁寧に聞き取り調査をしました。家は築年数が40年以上経っていたので、正直、あまり期待をしていませんでした。が、調査をしてから数日後に、思っていた以上...

大きな自然災害があると、保険会社や共済会社はなかなか大変だ。金額の面というよりも、集中しておこる支払いの申請を受け付け、審査して、支払いを行うまで、関係者はゆっくりする暇もないだろう。普段からそんなに余裕をもって人員を用意しているわけじゃないだろうし。間違いなく人が足りないはずだ。でもそこは、被災者のために(本人が過労で倒れない程度には)頑張ってほしいものだ。さてJA共済が、2017年7月の大雨、...

家を建ててすぐに建物共済に入ることになりました。ローンは組まなかったので自由に選べたのですが田舎の付き合いにてJAにて建更に入ることになりました。はじめはなにも思わずに入会したのですが担当者も親切でよい人だとおもいました。しかし担当の人が変わってしまうとの話をしていた時に最後にいい話があるといわれ途中で給付のある建更に更新を行ったほうが良いといわれ解約をしてそちらにはいりました。半分気づいてはいた...