こども共済

1番目の子供が生まれたときに、JA職員だった叔母の勧めでこども共済に入りました。2番目、3番目の子供も同じようにこども共済を掛け、掛け金支払者の年齢により補償金額に対して掛け金が高く成るために、掛金支払者を6歳年下の妻に変更しました。掛け金の額はそれぞれ年間で15万円ほどです。掛金支払期間は大学卒業時の22歳の誕生日までの補償となっていました。おかげさまで事故もなく無事に、1番目の子供が18歳になり、あと残った支払額をすべて入金してしまおうとJAの支所に行きました。その時に初めて知ったのですが、入学祝い金というものがあり、今までそのことを知りませんでした。小学校・中学校・高校合わせて200万円ほどのお金が未請求だったのです。思わぬ臨時収入にほっとしています。
村上 勇人 (50代男性) 2017年1月掲載


----------------------------------------------

思わぬ臨時収入となりました。 (こども共済 JA(ジェイエイ)共済)関連ページ

アレルギー検査での入院 (こども共済 JA共済)
様子観察のため一旦病室へ行きました。病室に入ると入院扱いとなります。病棟で昼食を摂取しお昼寝。お昼寝後再度先生の診察を受け。
ほんとに入っててよかった。 (学資医療保険 しまねJA共済)
子供はいつどんな病気になるか分からないし、どんなケガをするかわからないと言われて納得して入りました。しばらくは保険のことも
JAこども学資保険の共済請求について (JAこども学資保険 JAの共済)
眉毛のところが5センチほどぱっくり切れました。慌てて救急車を呼びました。その後、病院で5針縫いました。半年後、眉毛のところに傷が残ったので、窓口に相談すると