オリックス生命保険株式会社

オリックス生命保険 キュア(CURE)

オリックス生命保険には、キュア(CURE)を冠した商品は3つあります。
・7大生活習慣病には特に手厚い 医療保険 新キュア
・女性特有の病気とすべてのがんに手厚い 医療保険 新キュアレディ
・持病があっても加入しやすいい医療保険 新キュア・サポート

 

オリックス生命保険の医療保険 新キュア(CURE)は、比較的リーズナブルと感じる保険料で、そこそこの保障を得ることできる医療保険として、口コミや、各種ランキングで、高めの評価を得ています。郵送、インターネットでの申し込みのほかに、対面の販売も行っています。
でも、オリックス生命保険の医療保険 新キュア(CURE)に、欠点は弱点は無いのでしょうか。そんな魔法のような商品はありません。生命保険会社は社会的使命の大きい種類の会社とは言え、慈善事業ではなく、利益をあげるための企業ですから、利益を確保できるように保険商品の設計を行うのは当然のことです。儲けすぎてもらう必要は感じませんが、安定して経営してもらうことは、生命保険を契約する私たちによっても大事なことですからね。
今回は、0歳から80歳まで、男女問わず契約できる医療保険 新キュア(CURE)について、気になるポイントを書いておきましょう。

 

無配当・無解約払戻金

まず、オリックス生命保険の医療保険 新キュア(CURE)は、無配当です。例えば生協の共済とかであれば、剰余金があればそのまま内部に留保、ストックするのではなく、加入者に還元しますが、オリックス生命保険の医療保険 新キュア(CURE)の場合は、そういうことはありません。その分、最初から保険料を安くしているわけです。
そして解約の時の払戻金もありません。もちろんこれは、オリックス生命保険の医療保険 新キュア(CURE)だけが、不当なことをしているということではなくて、一般的に医療保険は、あえて積立型等と謳っていなければ、解約の時の払戻金はありません。
オリックス生命保険の医療保険 新キュア(CURE)は、解約の払い戻しにそなえた資金の準備をしておかなくて済みますので、その分保険料を抑えることに寄与しているといえるでしょう。

 

通院は保障の対象外

近年、入院する期間は短くして、入院前後の通院でできることは、できるだけやりましょうとい傾向が強まっています。実際、治療を受ける、入院する側にしても、やはり入院生活いりも家に帰りたいと思うのが大部分でしょう。
しかし、入院することになれば、日数に応じて、医療保険で入院給付金が支払われますが、通院となると給付対象外となる医療保険がまだまだ多いのが現状です。
オリックス生命保険の医療保険 新キュア(CURE)は、入院保険という位置づけですから、基本は通院保障はされません。がんの場合は、がん通院特約が用意されています。これは、通院が長期化するケースとしては、がんの治療が増えているjことをうけての保険設計でしょう。
通院期間も長くなると、その経済的な負担もけして小さいものではありません。疾病の種類を問わずに、通院の保障がある医療保険としては、アフラック(Aflac)のEVER などがあげられますので、気になる方は比較してみましょう。

 

入院しない場合でも手術は保障

前節で、オリックス生命保険の医療保険 新キュア(CURE)は、通院は保障の対象外になっていると書いていますが、外来、通院でも手術の場合は事情が異なります。約款で定められた1000種類の手術であれば、手術給付金として受け取ることができるようになっています。

 

死亡保障は付加できません

オリックス生命保険の医療保険 新キュア(CURE)は、医療保険、特に入院保険に特化していますので、死亡時の保障は特約でも準備されていません。
新キュア(CURE)のシリーズで、死亡保障が付与できる保険としては、新キュアサポート(CURE Support)がありますが、これは告知項目を限定して、引き受け基準を緩和することで、持病があったり手術の経験があっても加入できるようにした保険商品です。その分保険料は高くなりますから、普通に新キュア(CURE)の契約ができる人ならば、新キュアサポート(CURE Support)を選択するメリットはありません。
死亡保障もオリックス生命保険で考えるなら、 新キュア(CURE)を契約し、加えて、定期保険ファインセーブ、定期保険ブリッジ、終身保険ライズなどに加入、契約するか、死亡保障付医療保険であるリリーフダブルを選ぶことになるでしょう。


----------------------------------------------

医療保険新キュア CURE記事一覧

私は、冬になるとスキーによく出かけるのですが、若いとき(20代)にスキーで脱臼してしまいました。そのときは、すぐに病院で脱臼をなおしてもらい、その後は普通にもとの生活に戻り、脱臼したことなど忘れているぐらいでした。脱臼してから数年後に、友人たちとキャニオニング(沢下り)に行こうという話で盛り上がり、計画をねっていたところ、ある友人から、脱臼は癖になりやすいからという話を聞き、大丈夫とは思いつつ医療...

医療保険に加入した目的は、将来への医療負担増への不安からです。私は51歳になりましたが、恐らく我々世代の10年後、20年後は、医療負担は重くなっていると思います。今の医療制度が維持されていると思うのは甘い考えだと気付いたからです。私の場合、遺伝リスクの高さから、三大疾病医療特約と通院特約の備わった保険をポイントにしました。入院は、1入院60日(ただし七大生活習慣病による入院は120日)と、十分な保...

約2年前に加入した保険です。それまでは、独身頃から加入していた生命保険と医療保険に加入し続けていたのですが、結婚を機に旦那と話し合い私は医療保険だけで良いという話になりました。その際に保険の窓口さんにご紹介いただこうと相談したところ、独身時代に見つかった乳腺線維腺腫と良性の腫瘍の摘出手術を経験したことから加入できる保険が無いと言われました、完治から一致の期間が必要と言うことで、その時期が来た際、一...

特になにも考えず保険相談で勧められた医療保険に入っていたのですが、結婚して出産。まさかの第一子出産で帝王切開。こんなところで保険に入っていて良かったと思う時がくるなんて…。今まで払ってきた保険金の総額以上の保険金がおりました。そしてちょうど2年経つか経たないかで、第二子出産。2回目は保険金もらえない?と思いつつ連絡するともらえるとの事。なにも考えてなかったけれど、入っていて本当に良かったなと実感。...

私は保険は必要でない人間です。独身で子供もおらず、そこそこの貯金は有ります。府民共済にも入っていますので、よほどの病気にでもならない限り保険は不必要です。ですが、当時職場に代理店勤めの保険募集人が居た(夜の店でバイトに来ていました)ので、しつこくしつこく勧誘されて入りました。以前にも店のお客さんにしつこく勧誘されて入った事が有ったので、本当に嫌だったのですが。半年ほど加入し、当人と大モメしたので解...

私は結婚当初、学生時代の友人に勧められ、メットライフ生命の医療保険に入りました。その当時でしたから先進医療はついていませんでした。一定の期間が来たら、言われるままにさらに10年の契約延長を繰り返していました。このような保険に対する認識がとても低い状態が長く続いた後、ふと考えることがありました。このまま、保険料だけを払っているだけで安心できるのだろうかと考えるようになりました。それで、一度、保険の窓...

妊娠中に悪阻がひどく、食べ物や飲み物を一切受け付けられない状態になってしまいました。最終的には脱水症状になってしまい、緊急入院することになり、かなりの期間の入院を強いられました。その際、たまたま旦那が子供が誕生することをきっかけに、保険代理店で保険の見直しをしている最中、代理店の方から妊娠悪阻でもおそらく保険が適用されると聞き、診断書を送付したとこと、すぐに給付金の振込がありました。生まれてくる子...

保険に加入すると決めたのは、社会人になった時でした。なんとなく元気な時に入らないとと思ったのです。まずは医療保険に入ろうと、各社パンフレットを読みました。いくつか絞った上で、保険に関する雑誌を読みました。オリックス生命に決めたのは、内容に加えて支払いがスムーズだと書いてあったからです。いざという時あれこれ面倒なのは御免ですから、あっさりオリックス生命にしようと思いました。その中で1番迷ったのは日額...

わたしは病気とは無縁でしたので、毎月の保険料はお金の無駄遣いではと考えていました。しかし、60歳を前にして、立て続けに病院に入院することになってしまいました。3つの病院を合わせると1ヶ月ほどの入院期間で、入院費も80万ほどかかりました。入院した場合は1日10000円が支給されるので、大変助かりました。保険とは万が一に備えてのものですが、健康時にはその必要性をあまり理解できないものです。わたしの場合...